医療費控除


皆さん、新年あけましておめでとうございます。

阿部です。

本年も、どうぞ宜しくお願い致します。 

お正月はどのように過ごされましたか?

私は仕事納め前日にインフルエンザにかかってしまい、年末年始にかけて自宅で静養していました。

手洗い・うがい・予防マスクをしていてもかかってしまうものですね~。

個人の確定申告時期が近づいてきましたね~。

当事務所のホームページトップに確定申告特設ページをUPしましたので、是非ご覧下さい!

↓↓↓↓↓

ホームページトップ

さて、今回は「医療費控除」についてです。

自分や生計を一にしている家族が、病気やケガなどで医療費を支払った場合、その支払った年間金額が一定以上になると、「医療費控除」を受けることができます。

また、2017年1月1日以降に、健康の維持増進および疾病の予防への取組を行う個人が自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る特定成分を含んだOTC医薬品(いわゆるスイッチOTC医薬品)の購入の対価を支払った場合において、控除が受けられる特例(セルフメディケーション税制)も開始しております。

 

医療費控除の概要

 

総所得金額等が200万円以上の方

(「1/1~12/31に支払った医療費」 ― 「保険金などで補てんされる金額」) ― 10万円 = 医療費控除の額

総所得金額等が200万円未満の方

(「1/1~12/31に支払った医療費」 ― 「保険金などで補てんされる金額」) ― 「総所得金額等×5%」 = 医療費控除の額

※医療費控除の額は最高200万円までとなります。

▼「保険金などで補てんされる金額」とは? 〇社会保険等からの給付金

・家族療養費

・高額介護合算療養費、高額療養費 ・出産育児一時金 等々

〇生命保険・損害保険等からの給付金 ・医療保険金

・入院費給付金 等々

▼医療費控除を受ける場合に用意するもの医療保険者が発行する医療費通知書(健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」)

支出した医療費を証明する領収書(セルフメディケーション税制を選択する場合は、セルフメディケーション税制適用の表示がされたレシート等) 

領収書の無い通院交通費などの支払明細(メモ)

セルフメディケーション税制を選択する場合は、申告する本人が健康の保持増進及び疾病予防への一定の取組を行ったことを証明する書類(健康診査の結果通知書など)

また、証明書等を発行してもらうことで、医療費と認められているものもあります。

□ 在宅療養の介護費用

  →介護事業者発行の在宅介護費用証明書

□ 寝たきりの人のおむつ代

  →医師発行のおむつ使用証明書

□ 温泉利用型健康増進施設の利用料金

  →医師発行の温泉療養証明書

□ 指定運動療法施設の利用料金

  →医師発行の運動療法実施証明書

□ ストマ用装具の購入費用

  →医師発行のストマ用装具使用証明書

□ B型肝炎ワクチンの接種費用

  →医師の診断書

□ 白内障などの治療用眼鏡の購入費用

  →医師の処方箋

 

医療費控除の対象

 

~通院・その他~ 医療費控除は「治療目的のもの」に限り認められます。

インフルエンザの予防接種やマスク代など「予防目的のもの」は対象外となりますので注意して下さい!

…医療費控除対象(例)

×…医療費控除対象外(例)

▼お医者さんに支払う治療費等

診療・治療費

×健康診断・人間ドック

治療目的の歯の矯正費用

×美容目的の歯の矯正費用 歯科ローンの借入金

×歯科ローンの金利分、手数料相当分

金歯、ポーセレンの義歯の挿入、入れ歯

▼マッサージ、薬代等

治療のためのあんま、マッサージ、針、灸、柔道整復、カイロプラティックなどの施術費(資格を持つ人に支払ったもの)

×健康維持、疲労回復のための施術費、無資格の人に支払った施術費

治療のための医薬品(薬事法に規定)

×疾病予防、健康増進のための医薬品

医師の処方にもとづく漢方薬

×処方箋のない漢方薬

丸山ワクチンの接種代

×予防接種代

▼医療用器具、交通費

医師の指示にもとづいて購入した血圧計

×単なる健康維持のための血圧計

通院のための交通費

×自家用車のガソリン代、駐車料金

やむを得ない場合のタクシー

×一般的なタクシー代

1人で通院が困難な場合の付添人の交通費

×単なる付添人の交通費

医師送迎費

~入院~

入院時にかかる医療費は医療費控除の対象になります。

ただし、全ての入院費用が控除対象となるわけではありません。

…医療費控除対象(例)

×…医療費控除対象外(例)

入院のための部屋代

差額ベッド代(医師の診療、治療を受けるために必要な費用である場合)

×贅沢とみなされる特別室の差額ベッド代

通常の食事代

×特別食、出前の費用

診療、治療を受けるための水枕、吸いのみ