3月から公募開始!事業再構築補助金について


コロナ関連の新しい補助金が発表されました。その名も「事業再構築補助金!」

予算規模は約1.1兆円ですから、かなりの大型補助金のようです。その概要は…


主要申請要件


1 売上が減っている

  申請前直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月と比較して

  10%以上減少している。


2 事業再構築に取り組む

  事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。


3 認定支援機関と事業計画を策定する

  補助金額3000万円を超える案件は金融機関も参加させる。

  付加価値額3%以上の増加を見込む事業計画を策定する。


補助額・補助率


中小企業  通常枠:補助額100万円~6,000万円  補助率 2/3

      その他に、「卒業枠」「特別枠」があります。


補助対象経費


設備投資費のほか、新しい事業の開始に必要な研修費・広告宣伝費・販売促進費も対象となりますが、人件費やパソコンの購入費は対象外のようです。


その他


補助金は、事業者による支出を確認した後に支払われますが、概算払制度もあるようです。


具体例


○ 喫茶店経営 → 飲食スペースを縮小し、新たにコーヒー豆や焼き菓子のテイクアウト販売を実施

○ ヨガ教室  → 室内での密を回避するため、新たにオンライン形式でのヨガ教室の運営を開始

○ 紳士服販売 → 店舗営業を縮小し、紳士服のネット販売事業やレンタル事業に業態を転換


など、ドラスティックに業種転換しなくても、今ある事業から何か新分野に進出するようなことで良いようです。



◆ 公募開始前までにやっておくべきポイント


1 事業計画を練る!

  事業計画は誰も教えてくれません。社長の頭の中でしっかり構想を練ってください。

  補助金ですから、その構想が面白いかどうかで採択されるか否かが決まります。


2 サポート先を決める!

  社長の事業計画策定をサポートする認定支援機関を決めます。中小企業の場合、顧問税理士

  を選ぶと思いますが、今の時期、税理士事務所はどこも繁忙期で対応が難しいかもしれませ

  ん。顧問税理士が対応可能か否か確認する必要があります。


3 GビズIDプライムアカウントを取得する!

  申請は全て電子申請ですので、「GビズIDプライムアカウント」が必要です。発行には3週

  間程度要する場合があるようですので、事前にID取得をお勧めします。


詳しい資料は

  ↓↓↓

https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/index.html

をご参照下さい。

まだまだ未確定のところが多々ありますが、日を追うごとに情報がアップされています。今後も目が離せません!


「隣の芝生は青い」的な補助金ですが、コロナで売上が減少し、何か新しいことをしなければっと思っておられる方については、朗報だと思います。

令和3年度は複数回実施される予定ですが、最初の方は何かと基準が甘いですので、3月からの第1回目の公募が狙い目ですね!

 

~お願いとご注意~


このメールマガジンは著作権法で保護されています。

許可無く複製及び転載をすることを禁止します。

また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して

発行人はその責任を負いません。

自己の責任にて対処ください。

 

最新記事

すべて表示

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊所は、下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 【年末年始休業期間】 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火) ※お問い合わせにつきましては、2022年1月5日(水)以降に順次対応させていただきます。 何かとご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

顧問先様ページに以下のPDFデータをUPしています! ★Q&A 全事業者が対象!改正電子帳簿保存法により必要となる対応とは? 来月から始まる制度です。今一度確認しましょう! ~顧問先様ページへの登録方法~ ※顧問先様以外の方が登録しても、承認されません。 顧問先様ページをクリックすると、ログイン画面が出てきます。 既存のFacebookもしくはGoogleアカウントでログインすることができます。

相続税対策としてポピュラーな生前贈与、現金や自社株を毎年少しずつ移している方もいらっしゃるかと思います。 この生前贈与で相続税対策ができなくなると巷で噂されていますが、一体どういうことでしょうか? 解説したいと思います! そもそも、なぜ生前贈与が相続税対策となるのでしょうか。例えば5,000万円財産をお持ちの方がいたとします。 相続人は子供2人のみ、毎年子供それぞれに110万円ずつ贈与する前提です