3月から公募開始!事業再構築補助金について


コロナ関連の新しい補助金が発表されました。その名も「事業再構築補助金!」

予算規模は約1.1兆円ですから、かなりの大型補助金のようです。その概要は…


主要申請要件


1 売上が減っている

  申請前直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月と比較して

  10%以上減少している。


2 事業再構築に取り組む

  事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。


3 認定支援機関と事業計画を策定する

  補助金額3000万円を超える案件は金融機関も参加させる。

  付加価値額3%以上の増加を見込む事業計画を策定する。


補助額・補助率


中小企業  通常枠:補助額100万円~6,000万円  補助率 2/3

      その他に、「卒業枠」「特別枠」があります。


補助対象経費


設備投資費のほか、新しい事業の開始に必要な研修費・広告宣伝費・販売促進費も対象となりますが、人件費やパソコンの購入費は対象外のようです。


その他


補助金は、事業者による支出を確認した後に支払われますが、概算払制度もあるようです。


具体例


○ 喫茶店経営 → 飲食スペースを縮小し、新たにコーヒー豆や焼き菓子のテイクアウト販売を実施

○ ヨガ教室  → 室内での密を回避するため、新たにオンライン形式でのヨガ教室の運営を開始

○ 紳士服販売 → 店舗営業を縮小し、紳士服のネット販売事業やレンタル事業に業態を転換


など、ドラスティックに業種転換しなくても、今ある事業から何か新分野に進出するようなことで良いようです。



◆ 公募開始前までにやっておくべきポイント


1 事業計画を練る!

  事業計画は誰も教えてくれません。社長の頭の中でしっかり構想を練ってください。

  補助金ですから、その構想が面白いかどうかで採択されるか否かが決まります。


2 サポート先を決める!

  社長の事業計画策定をサポートする認定支援機関を決めます。中小企業の場合、顧問税理士

  を選ぶと思いますが、今の時期、税理士事務所はどこも繁忙期で対応が難しいかもしれませ

  ん。顧問税理士が対応可能か否か確認する必要があります。


3 GビズIDプライムアカウントを取得する!

  申請は全て電子申請ですので、「GビズIDプライムアカウント」が必要です。発行には3週

  間程度要する場合があるようですので、事前にID取得をお勧めします。


詳しい資料は

  ↓↓↓

https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/index.html

をご参照下さい。

まだまだ未確定のところが多々ありますが、日を追うごとに情報がアップされています。今後も目が離せません!


「隣の芝生は青い」的な補助金ですが、コロナで売上が減少し、何か新しいことをしなければっと思っておられる方については、朗報だと思います。

令和3年度は複数回実施される予定ですが、最初の方は何かと基準が甘いですので、3月からの第1回目の公募が狙い目ですね!

~お願いとご注意~


このメールマガジンは著作権法で保護されています。

許可無く複製及び転載をすることを禁止します。

また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して

発行人はその責任を負いません。

自己の責任にて対処ください。


最新記事

すべて表示

令和3年4月1日からの「消費税の総額表示義務」とは?

1.価格表示についての原則的な取扱い 消費税法では、事業者が、不特定かつ多数の人に商品の販売やサービスの提供などを行う場合において、あらかじめそれらの価格を表示するときは、その税抜販売価格等に上乗せされる消費税額を含めた価格を表示しなければならない (=税込価格で表示しなければならない)と定められています(※)。 このことを、消費税の「総額表示義務」といいます。 ※ 事業者間での取引(いわゆるBt

確定申告の期限が延長されました

先週の土曜日には、東北地方でまた大きな地震がありました。 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 大震災から10年ですが、災害は忘れたころにやって来るんですね。 さて、今年も2月16日から所得税の確定申告が始まります。 通常は、2月16日から3月15日までなんですが、 コロナの影響により、今年も申告・納付期限が4月15日まで延長されました。 これに伴い、振替納税を利用されている方の振

2020(令和2)年分確定申告のご案内

こんにちは!安井事務所です。 本日は節分の日。 1897(明治30)年以来124年ぶりの2月2日だそうですね。 年が明けて1月も経ってしまったのですね、、、 早いものです。 さて、今回は確定申告のご案内です。 2021(令和3)年2月16日(火)より確定申告が始まります。 (還付申告は2021(令和3)年1月1日(金)より始まっています。) 込み合った税務署で確定申告をするのにためらっている方!

税理士・社労士 安井伸夫事務所

〒604-0862 京都市中京区烏丸通竹屋町下ル少将井町230番地 トライグループ烏丸ビル2F

TEL: 075-256-8628

FAX: 075-212-6228