ふるさと納税


皆さん、こんにちは!

税理士安井事務所の阿部です。

6月に入りましたので、皆様のお手許に住民税決定通知書が届いている頃ですね。

納税額は、昨年1年間(平成30年分)の所得金額で決定します。 

私は昨年初めてふるさと納税をしてみたのですが、確かに納税額は下がっていたので、今年も継続して実行してみようかな~っと思います。

ということで、本日はふるさと納税のお話です。

皆様もニュースなどをご覧になってご存じだと思いますが、6月1日以降、ふるさと納税の対象とならない自治体が発表されました。

静岡県小山町

大阪府泉佐野市 和歌山県高野町

佐賀県みやき町

東京都(申請書未提出)

の5団体です。

通常、ふるさと納税を行えば、

1.所得税分

2.個人住民税の基本分

3.個人住民税の特例分 上記3つの控除を受けることができます。

(計算イメージ) 〇年収750万円の給与所得者(夫婦2人 所得税の限界税率は20%)

30,000円のふるさと納税をした場合(適用下限額 2,000円)

1.所得税分・・・所得控除が受けられます (30,000円-2,000円)×20%=5,600円

2.個人住民税・・・税額控除(基本分)が受けられます

(30,000円-2,000円)×10%=2,800円

3.個人住民税・・・税額控除(特例分)が受けられます

(30,000円-2,000円)×(100%-10%-20%)=19,600円

※出典 総務省HP「平成30年度地方財政審議会(3月22日)説明資料」より

今回、ふるさと納税の対象とならない自治体は、3.個人住民税・税額控除(特例分)の控除が受けられないことになりますが、1.2は通常の寄附金控除として受けられます。

ですので、寄附をするメリットが全く無いわけではないのですが、どの自治体も今後の寄附について返礼品相当分を送付する可能性は今の所無いそうです。

 

■第46回異業種交流勉強会のお知らせ  

★日時  

2019年7月19日(金)

18:00~20:00

★場所   

ハートピア京都  

京都市中京区烏丸通竹屋町角

地下鉄烏丸線 丸太町駅下車5番出口すぐ    

★内容   

今年度の「法改正」について

今年度の目玉税制改正をご紹介いたします。

また、労働関係では法改正や、今後の対応について。

助成金や補助金の話も交えて、お伝えします!!!

お得情報を吸収し、自社で活用してください!        

参加者限定資料等をデータでプレゼントします!!

★持ち物  

筆記用具、電卓  

★参加費  

関与先様:5,000円  

一般:7,000円

☆勉強会後(20時頃から)懇親会を開催致します!

ご参加される方はプラス5,000円となります。

※参加費は、当日頂戴致します。  

★お申込

税理士安井伸夫事務所 青山まで  

075-256-8628  

こちらからも詳細確認、お申込み出来ます!↓    

https://www.yasuioffice.com/igyosyukoryukai

★申込期限・キャンセル期限   

2019年7月16日(火)の17時までとさせて頂きます。  

★ご注意    

ネットワークビジネス、宗教、各種団体・セミナー等の勧誘目的の参加はご遠慮願います。

 

■トップマネジメントセミナーのお知らせ

会計・数字の知識は、会社経営をするにあたって必要不可欠です。

ですので、 経営者・後継者・経営幹部は避けては通れない知識です。

このセミナーを受講することで、会社を成長・存続させるために必要な数字を読み解く知識が身に付きます!

▼開講セミナー

〇貸借対照表(全1回)

どれだけ多額の赤字を出しても、生き残っている会社はいくらでもあります。

答えは貸借対照表に書いてあります。

貸借対照表を読み解き、会社の財政状況 を把握し、「健全な会社=健全な貸借対照表」を目指しましょう!

〇損益計算書(全1回)

損益計算書を見れば会社は本業で稼いだの?

副業で頑張ったの?

何か特別な理 由で利益を捻出したの?

その理由が一目で分かります。

「会社の成長=本業の利益」。