新元号「令和」


皆さん、こんにちは!

安井事務所の次原です。

新元号が発表されましたね!

平成生まれの私ですが、なんか急に年を取った感じがします(笑)

「 令和 」

まだ、しっくりきていません、、、

徐々に慣れてくるのでしょうね!

ふるさと納税、規制法が3月27日に成立しました。

これで返礼品は「調達費が寄付額の30%以下の地場産品」に限定されます。

総務省は5月中旬にこうしたルールを順守すると見込んだ自治体のみ、ふるさと納税の制度対象に指定する方針です。

指定されなかった自治体(ふるさと納税の制度対象外の自治体)への寄付は6月1 日以降、制度に基づく税優遇が受けられなくなります。

6月1日以降のふるさと納税は要注意です!

また、4月1日から残業の上限規制が始まりました。 (中小企業は2020年4月1日から)

そして、年次有給休暇5日の強制取得も始まりました。

今年は色々と変化の年ですね。

助成金に関しては続々と情報が公開される予定です。

今年度、新設される目玉の助成金は「人材確保等支援助成金(働き方改革支援コー ス)」です。

こういう助成金を利用して、中小企業は働き方改革に備えたいものですね。

最近、助成金不正受給が多く、助成金申請がかなり厳しいものになってきました。

厚生労働省のホームページでも注意喚起しています。↓

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000377541.pdf

コンサルタント会社など、民間の会社が助成金申請代行をし、助成金を受け取った会社も巻き込まれたという事例が多いそうです。

まず、虚偽のことを申請しては絶対ダメです!

また、助成金申請に関して、様々な法律が関わっています。

主に労働基準法などですが、それらをしっかり理解し、法令違反はないか?なども確認してから、助成金申請するようにしましょう! 当事務所は、信頼関係のあるお客様(顧問契約のお客様)しか助成金代行を行っていません。

労働基準法など違反していないか?などをしっかりチェックして、信頼関係のあるお客様だけ助成金代行しています。

労働法令などの知識がない人が申請するのは本当に困ったものです。

 

■第44回異業種交流勉強会のお知らせ  

★日時  

2019年4月19日(金)

第1部(総務・経理職向け)

15:00~17:00

第2部(経営者・管理職向け)

18:00~20:00

★場所   

ハートピア京都  

京都市中京区烏丸通竹屋町角

地下鉄烏丸線 丸太町駅下車5番出口すぐ    

★内容   

知らぬが損をする?!2019年の「法改正」

2019年4月1日からすべての企業において、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者(正社員・パートなどすべての労働者)に対し、年次有給休暇の日数のうち年5日については取得させなければなりません。

第1部(15:00~17:00)総務・経理職向け勉強会

年次有給休暇の基礎知識や年次有給休暇の管理方法。「36協定」新様式の書き方、その他、労務管理に関わる法改正など、実務に直結する内容。

第2部(18:00~20:00)経営者・管理職向け勉強会

年次有給休暇に関しての法改正と対策。外国人労働を含めた労務関係の法改正や税制改正等。

★持ち物  

筆記用具、電卓  

★参加費  

第1部、第2部それぞれ以下の金額となります。 

関与先様:5,000円  

一般:7,000円

☆勉強会後(20時頃から)懇親会を開催致します!

ご参加される方はプラス5,000円となります。

※参加費は、当日頂戴致します。  

★お申込

税理士安井伸夫事務所 青山まで  

075-256-8628  

こちらからも詳細確認、お申込み出来ます!↓    

https://www.yasuioffice.com/igyosyukoryukai

★申込期限・キャンセル期限   

2019年4月16日(火)の17時までとさせて頂きます。  

★ご注意    

ネットワークビジネス、宗教、各種団体・セミナー等の勧誘目的の参加はご遠慮願います。

 

■トップマネジメントセミナーのお知らせ

会計・数字の知識は、会社経営をするにあたって必要不可欠です。

ですので、 経営者・後継者・経営幹部は避けては通れない知識です。

このセミナーを受講することで、会社を成長・存続させるために必要な数字を読み解く知識が身に付きます!