税理士・社労士 安井伸夫事務所

〒604-0862 京都市中京区烏丸通竹屋町下ル少将井町230番地 トライグループ烏丸ビル2F

TEL: 075-256-8628

FAX: 075-212-6228

上場株式の譲渡と配当


皆さん、こんにちは! 

安井事務所の次原です。

2月に入りましたね!

年が明けて、もう1月も経ったと思うと早いっ(泣)

これから、当事務所は確定申告、3月決算の会社の申告で繁忙期になります。

5月末までは、一気に時間が経つのでしょう。笑

確定申告は2月18日(月)より始まります!

(還付申告はすでに申告開始しております。)

3月15日(金)までなので、ご注意ください。

また、年金額の改定が1月18日に発表されました。

平成30年度から0.1% プラスで改定されます。

詳しくは以下の資料をご覧ください。

PDF:「平成31年度 年金額改定」

さて、今回は確定申告にまつわる話です。

確定申告の中でも配当や株についてお伝えしたいと思います。

証券口座の種類と確定申告

まず、上場株式の売買や上場株式を保有し配当を受け取る等の場合、証券会社の口座を持つ必要があります。

そして、証券口座には以下のような種類があり、以下のような特徴があります。

★一般口座

確定申告:必要

ただし、給与所得のみの方で、給与所得以外の所得が20万円以下であれば、申告の必要はありません。

(事業所得の収入がある方などは確定申告をしなければなりません。ケースバイケースなので詳しくはお問い合わせください。)

譲渡損益の計算:自分で計算

「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」を作成・添付して確定申告をする。

★特定口座(源泉徴収なし):簡易申告口座 確定申告:必要

ただし、給与所得のみの方で、給与所得以外の所得が20万円以下であれば、申告の必要はありません。

(事業所得の収入がある方などは確定申告をしなければなりません。ケースバイケースなので詳しくはお問い合わせください。)

譲渡損益の計算:証券会社が計算

「特定口座年間取引報告書」を証券会社が発行してくれますので、それを添付して確定申告をする。

★特定口座(源泉徴収あり):源泉徴収口座 確定申告:不要

譲渡損益の計算:証券会社が計算

「特定口座年間取引報告書」を証券会社が発行してくれますので、それを添付して確定申告をする。

自分で明細を作成するのが面倒くさいので、普通は「特定口座」のどちらかを選択する方がほとんどです。

まとめると、、、、

利益20万円を超えており、源泉徴収をされていなければ申告が必要 となります。 

また、確定申告不要だが、以下のような場合、申告したほうが得になることもあります。

①取引全体で損失が出ている。→損益通算

②前年以前3年の間に損失を繰り越している。→損失控除

③特定口座で税金が源泉徴収されているが、そのほかの所得が少ない→還付の可能性あり

④運用で損失を出し、配当所得と損益通算して配当に係る源泉徴収税の還付を受ける→配当所得との損益通算

特に、損失が出た場合、損失を3年までなら繰り越せるという救済措置がありますので、是非とも確定申告したいものです。

人によって、確定申告をしなければならない人、した方がお得な人、様々です。

確定申告した方がいい?など、一度、税理士等にご相談下さい。

電子申告

さて、確定申告をするとなったら、上場株式の売買や配当を受け取り、特定口座の方は証券会社から送られてくる、株の譲渡(売買)に関する明細である「特定口座年間取引報告書」や配当に関する明細である「上場株式配当等の支払通知書」をもとに確定申告書を作成し、添付する必要があります。

しかし、電子申告をする場合は提出を省略することができます。 まぁ、証券口座はマイナンバーと紐づけられていますから、税務署が調べようと思えば、調べられるわけですね。 ただし、税理士に確定申告の代行を依頼される場合は、確認のために必要ですので、税理士に「特定口座年間取引報告書」や「上場株式配当等の支払通知書」をお渡し下さいね!

私も1月中旬頃にSBI証券より「特定口座年間取引報告書」と「上場株式配当等の支払通知書」が届きました!

通常であれば1月中に届くかと思います。

もし、届いていない!っていう方は、証券口座で報告書等の郵送指定していないのかもしれません。

特定口座(源泉徴収あり)の場合は、報告書等の郵送指定がされていないのがほとんどなので、確定申告する場合は郵送指示して下さい。

ビットコインなどの仮想通貨

余談なのですが、数年前から話題の仮想通貨。

仮想通貨で得た利益は「雑所得」になります。

また、仮想通貨の売買で損失が出た場合、他の仮想通貨の利益や他の「雑所得(総合課税)」との相殺は出来ますが、「損益通算」や「損失繰越」などの損失への救済措置はありません。

私は、ビットコインとは何ぞや?とちょっと勉強してみようかなと思って、2018年の春ごろに1万円分ビットコインを購入しました。

すると、今では3,500円ラインをうろちょろしています。

まだ、売っていませんから、金額は確定していませんが、売って、金額確定すると1万円が3,500円ですから、6,500円の損失です笑

この損失が、繰り越せないということです。

痛いですね笑

でも、まぁ、もうちょっと放置しとこうかと思います、、、、 

私は1万円だけ買ったので、勉強代と思ったら、ま、いっか!と思ってますが10万円、100万円単位で購入した方はどうなっていることやら、、、

「損益通算」や「損失繰越」が出来ないのは、ちょっと痛いですね、、、

■第44回異業種交流勉強会のお知らせ  

★日時  

2019年4月19日(金)

第1部(総務・経理職向け)

15:00~17:00

第2部(経営者・管理職向け)

18:00~20:00

★場所   

ハートピア京都  

京都市中京区烏丸通竹屋町角

地下鉄烏丸線 丸太町駅下車5番出口すぐ    

★内容   

知らぬが損をする?!2019年の「法改正」

2019年4月1日からすべての企業において、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者(正社員・パートなどすべての労働者)に対し、年次有給休暇の日数のうち年5日については取得させなければなりません。

第1部(15:00~17:00)総務・経理職向け勉強会

年次有給休暇の基礎知識や年次有給休暇の管理方法。「36協定」新様式の書き方、その他、労務管理に関わる法改正など、実務に直結する内容。

第2部(18:00~20:00)経営者・管理職向け勉強会

年次有給休暇に関しての法改正と対策。外国人労働を含めた労務関係の法改正や税制改正等。

★持ち物  

筆記用具、電卓  

★参加費  

第1部、第2部それぞれ以下の金額となります。 

関与先様:5,000円  

一般:7,000円

☆勉強会後(20時頃から)懇親会を開催致します!

ご参加される方はプラス5,000円となります。

※参加費は、当日頂戴致します。  

★お申込

税理士安井伸夫事務所 青山まで  

075-256-8628  

こちらからも詳細確認、お申込み出来ます!↓    

https://www.yasuioffice.com/igyosyukoryukai

★申込期限・キャンセル期限   

2019年4月16日(火)の17時までとさせて頂きます。  

★ご注意    

ネットワークビジネス、宗教、各種団体・セミナー等の勧誘目的の参加はご遠慮願います。

■トップマネジメントセミナーのお知らせ

会計・数字の知識は、会社経営をするにあたって必要不可欠です。

ですので、 経営者・後継者・経営幹部は避けては通れない知識です。

このセミナーを受講することで、会社を成長・存続させるために必要な数字を読み解く知識が身に付きます!

▼開講セミナー

〇貸借対照表(全1回)

どれだけ多額の赤字を出しても、生き残っている会社はいくらでもあります。

答えは貸借対照表に書いてあります。

貸借対照表を読み解き、会社の財政状況 を把握し、「健全な会社=健全な貸借対照表」を目指しましょう!

〇損益計算書(全1回)

損益計算書を見れば会社は本業で稼いだの?

副業で頑張ったの?

何か特別な理 由で利益を捻出したの?

その理由が一目で分かります。

「会社の成長=本業の利益」。

まずは、本業で利益が出ているのか一緒に確認しましょう!

〇キャッシュフロー計算書(全2回)

売上増加!利益も増加!だけど何故か手許にお金が残っていない!今期儲けた 利益は何処へ消えたか?その理由は貸借対照表・損益計算書では分かりません。 キャッシュフロー計算書を活用することで、利益がお金として残らなかった理 由が分かるのです。

〇未来会計図(全2回)

損益計算書を変動損益計算書に作り替えれば、目標利益を出す為にはいくらの 売上高が必要か?社員を1人増員した場合、いくら利益が残るのか?等々、利 益を残すための方法が見えてきます。さらに変動損益計算書を未来会計図に置 きかえれば数字が苦手な方でも一目で会社の利益構造が把握でき、どこに手を 打てば利益が出るのかが分かります!

〇信用格付け(全1回)

決算が終わる度に銀行へ提出している決算書。

銀行は決算書で何を行っている か知っていますか?実は、決算書の金額を元に経営分析を行い、信用格付けを しています。相手の手の内を知れば、対等な立場で交渉が行えますが、『信用 格付け』をすることで会社の現状を見つめる良い機会にもなります。このセミ ナーを通してじっくりと自社を見つめてはいかがでしょうか?

▼セミナー時間

1回 2時間

▼開催日程

まずは075-256-8628までご連絡下さい!

お客様の日程に合わせて 随時開催致します。

▼セミナー料金(1回)

顧問先様:12,000円

その他:23,000円

※1社2名様まで上記の料金でご参加頂けます。

※お得なパック料金も有ります!

■お勧め小冊子

★決算書シリーズ

○今さら聞けない決算書

○今さら聞けない決算書二の巻

○あなたの会社も元気会社に!

★よく解るシリーズ  ○貸借対照表

○損益計算書

○キャッシュフロー計算書

○未来会計図

○信用格付け

★パズルノートシリーズ

〇ストラテジック・プランニングノート

〇セルフマネジメントノート

★労務

〇はじめての雇用・労務管理

〇知らなかったじゃ済まされない 入社・退社時の基本

↓↓↓↓↓

小冊子ページ

■お願いとご注意 このメールマガジンは著作権法で保護されています。 許可無く複製及び転載をすることを禁止します。 また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して 発行人はその責任を負いません。自己の責任にて対処ください。

#所得税 #確定申告 #税金