業務の効率化について


こんにちは、安井事務所の青山です。

今年は大雨が降ったり、台風が来たり、自然災害が多い年ですね。

工務店のお客様とお話をさせていただいたら、災害の被害が多すぎて、電気屋さん、瓦屋さんが忙しすぎて、本来業務がなかなか出来ないとのこと。何も災害のない平穏な年が恋しいところですね。

つい先日業務の効率化のセミナーに参加して来ました。

その際に思ったことを今回は書きたいと思います。

そのセミナーの肝は、データを集約してクラウドを活用しましょうということでした。

そして、連絡手段にチャットワークを活用して、チャットワークとクラウドをフル活用して作業の分担化とデータにアクセスできる権限を厳しく管理して、セキュリティを高めましょうということでした。

話を聞いていて思ったことは、今弊所にて行っている事と全く同じではないかということでした。

弊所では昨年からチャットワークの導入に取り組んでおり、今年に入ってからは、チャットワークとボックスを組み合わせて事務所のパソコンが事故や災害などですべて使えなくなったとしても、すぐに業務を復旧することが出来るようにしようとしていることと全く同じでした。

一部弊所においては採用していない事柄もあり、そういった部分はこれからの弊所の業務に取り込んでいければと思っています。

念のため、上記内容を補足説明させていただきますと、チャットワークとは、ラインやメールのようなコミュニケーションツールです。KDDIを中心とした日本企業が作った会社なので日本人にはなじみがあり、使い勝手が良いのではないかと思います。

そしてボックスとは、インターネットを使ったファイル共有サービスです。

今ではかなりの企業で導入が進んでいると思います。

私はプライベートでは10数年前からドロップボックスというサービスを利用していますが、これはインターネットを使ってワードやエクセルなどのファイルをインターネット上に保存して置き、インターネットを利用できるところからであれば、どこからでもそのファイルを利用することが出来るというサービスです。

インターネットだからセキュリティ面で不安があると思われるかもしれませんが、当然、セキュリティは厳重に管理されており、管理者がそのファイルにアクセス出来る人をメールアドレスを使って限定することが出来ます。そのため、ファイルの内容によってアクセスできる人を指定することもできるので情報の管理に有効です。また、どのメールアドレスを使っている人がいつその情報にアクセスしたのかの履歴も残ります。

社内での情報共有にも活用できますし、外部のお客様との情報共有にも活用できます。

パソコンで作成したデータをインターネット上でお客様と共有することが出来ますから、郵送の手間も省けますし、また、メールに添付するのとは違いますから、以前もらったデータを古いメールにさかのぼって探したり、パソコンを買い換えたとしてもデータの移動の必要がありません。

作業が特定の机で特定のパソコンでしかできないといったことがなくなりますから、作業効率が今までよりも上がるかと思います。

今後は在宅ワークに活用といったことも考えられるかもしれませんね。

まだ、お客様の中でチャットワーク・ボックスの導入をされておられないお客様におかれましては、今回のメルマガを機に、再度チャットワーク・ボックスの導入の検討をしてはいただけませんでしょうか?

上記の説明ではよく分からない、ちょっと興味があるけどもう少し教えてと思われた方は、担当者が訪問したときにご質問ください。

■第41回異業種交流勉強会のお知らせ  

★日時  

10月12日(金) 18時~

★場所   

ハートピア京都  

京都市中京区烏丸通竹屋町角

地下鉄烏丸線 丸太町駅下車5番出口すぐ    

★内容   

第1部 労働安全衛生法 

法律で決まっている一般事業場の安全衛生管理体制

※会社内で研修ができるような資料をデータでお渡しします!

第2部 「一倉定に学ぶ経営学」    

外注増加で損益はどうかわるか?

★持ち物  

筆記用具、電卓  

★参加費  

○勉強会のみにご参加の方は、以下の通りです。  

関与先様:5,000円  

一般:7,000円         

今月は懇親会はございません。

○参加費は、当日頂戴致します。  

★お申込

税理士安井伸夫事務所 青山まで  

075-256-8628  

こちらからも詳細確認、お申込み出来ます!↓    

https://www.yasuioffice.com/igyosyukoryukai  

★申込期限・キャンセル期限   

10月9日(火)の17時までとさせて頂きます。  

★ご注意    

ネットワークビジネス、宗教、各種団体・セミナー等の勧誘目的の参加はご遠慮願います。

■ トップマネジメントセミナーのお知らせ

来年より、トップマネジメントセミナーの開催日程を大幅に変更しました!

経営者・後継者・経営幹部対象に、わずか1ケ月で決算書等を読み解く力が身に付くように日程を組んでいます!  

また、新たにパック制度を導入し、単発でセミナー申込をしていただくよりもお得な料金で受講が可能です!

会社経営をするにあたって必要不可欠な知識を短期間で身につけたい方は、是非お申込み下さい!!!

2018年トップマネジメントセミナーの日程はこちらから!

 ⇒ トップマネジメントセミナーページ

■お勧め小冊子

★ 決算書シリーズ

 ○ 今さら聞けない決算書

 ○ 今さら聞けない決算書二の巻

 ○ あなたの会社も元気会社に!

★ よく解るシリーズ   ○ 貸借対照表

 ○ 損益計算書

 ○ キャッシュフロー計算書

 ○ 未来会計図

 ○ 信用格付け

★ パズルノートシリーズ

 〇 ストラテジック・プランニングノート

 〇 セルフマネジメントノート

★ 労務

 〇 はじめての雇用・労務管理

 〇 知らなかったじゃ済まされない 入社・退社時の基本

↓↓↓↓↓

小冊子ページ

■お願いとご注意 このメールマガジンは著作権法で保護されています。 許可無く複製及び転載をすることを禁止します。 また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して 発行人はその責任を負いません。自己の責任にて対処ください。


最新記事

すべて表示

ハンコなくす?!

こんにちは!安井事務所です。 だんだんと肌寒くなり、秋になってきましたね。 令和2年9月中旬、菅内閣が発足し、ハンコを無くすやら、なんとかいっていますね。 以下のような方向性が示されています。 ① 行政手続における書面規制・押印、対面規制の抜本的な見直し 全ての行政手続を対象として、書面・押印・対面の必要性を厳しく検証し、年内に省令・告示等の改正、年明けに一連の法改正を行う。 ② 民間における書面

短時間労働者への被用者保険の適用拡大

こんにちは! 久しぶりに記事を書かせて頂きます♪次原です! 今回は、短時間労働者への被用者保険の更なる適用拡大を柱とする年金改正法(正式名称は「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」)が、令和2年5月29日、参議院本会議で与野党の賛成多数で可決、成立しましたので、その改正ポイントを紹介したいと思います。 ポイントは、次のとおり。 ▼被用者保険の適用拡大 短時間労働者を被用者保

京都府の中小企業者等支援補助金の申込期限が1カ月延長されました!!

京都府では、新型コロナウイルス感染症と共存する「新しい生活様式」に対応して事業を再出発しようとする小規模事業者・個人事業主、中小企業者等の取組みを支援するため、新型コロナウイルス感染症対策の補助金として、次の二つを用意しています。 ① 事業再出発支援補助金 補助上限額 10万円  補助率10/10 ② 応援補助金      補助上限額 30万円  補助率1/2(中小企業者の場合) 補助上限額 20

税理士・社労士 安井伸夫事務所

〒604-0862 京都市中京区烏丸通竹屋町下ル少将井町230番地 トライグループ烏丸ビル2F

TEL: 075-256-8628

FAX: 075-212-6228