TKCモニタリング情報サービス


皆さん、こんにちわ!

税理士安井事務所の青山です。

2月に入り徐々に確定申告の足音が近づいてまいりました。

これから約6週間が大変な時期にな りますので、体調に気を付けて日々の仕事を進めていこうと思います。

さて、今回はTKCモニタリング情報サービスについてお知らせします。

それは何?という方が大半かとは思いますが、これはTKCの会計システム を使って財務処理を行っている企業の決算書や月次試算表を税理士事務所から金融機関へと電子データで送るサービスになります。

金融機関から借入れのある企業では毎年の決算終了後、会社の決算書を金融 機関に提出されていると思いますが、金融機関では皆様の会社の決算書をパソコンに入力して財務分析を行っています。

そして、その分析結果に基づいてその年の融資額の枠や金利が決定されるのですが、税理士事務所において決算書をパソコンで作っているのであれば、そのデータをそのまま銀行に送れば、金融機関での作業効率がアップして融資速度も上がるのではないかと期待されています。

送るデータは決算書のみでも可能ですし、決算書+月次試算表の両方も可能です。

リスケを受けているようなケースでなければ決算書のみで十分ではな いかと思います。

現在関西でモニタリング情報サービスが利用できる金融機関は以下のとうりとなっております。

【都銀】

三菱東京UFJ銀行

三井住友銀行

りそな銀行

【京都】

京都銀行

京都信用金庫

京都中央信用金庫

京都信用保証協会

【滋賀】

滋賀銀行

湖東信用金庫

滋賀県信用組合

滋賀中央信用金庫

【大阪】

池田信州銀行

永和信用金庫

関西アーバン銀行

近畿大阪銀行

【兵庫】

但馬銀行

みなと銀行

姫路信用金庫

但陽信用金庫

淡陽信用組合

兵庫信用金庫

【奈良】

奈良信用金庫

大和信用金庫

奈良中央信用金庫

京都では、昨年末に京都信用保証協会が、そしてこの1月末に京都銀行が対応可能になりましたので、これから皆様の会社にモニタリング情報サービスを使ってほしいといった要望が増えるかもしれません。

現在モニタリング情報サービスを使っている企業は全国でも約3万件弱となっ いますが、今後増えていくのではないかと思われます。

またこのサービスを 使って決算書の提出を求めている金融機関が出始めているともお聞きしておりますので、金融機関からそんななことを言われてたなってお思いの方、是非一度ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第32回異業種交流勉強会のご案内

【日時】

2月9日(金) 18時~

【場所】

ハートピア京都  

京都市中京区烏丸通竹屋町角 地下鉄烏丸線 丸太町駅下車5番出口すぐ

【内容】

第1部 「知らなかったじゃ済まされない入社・退社時の基本②」

雇用中の注意点、無期転換ルール、高年齢者・障害者雇用について

※人事管理担当者様は必見の内容です!

第2部 「一倉定に学ぶ経営学 増収増益について」

外注は高いか?安いか?会社のあちこちにある落とし穴。全部原価は無用の長物。

数字に弱い社長で、業績の良い会社はありません。 社長は事業経営に必要な数字とその使い方を知る必要があります。

その必要な数字と使い方を、一倉定先生のお話によりマスターして頂きます。 

【参加費】

○勉強会のみにご参加の方は、以下の通りです。

  関与先様:5,000円   一  般:7,000円

今月、懇親会はございません。

○参加費は、当日頂戴致します。

【お申し込み】

税理士安井伸夫事務所 青山まで

075-256-8628

こちらからも詳細確認、お申込み出来ます!↓ hhttps://www.yasuioffice.com/single-post/2017/11/02/%E7%AC%AC31%E5%9B%9E%E7%95%B0%E6%A5%AD%E7%A8%AE%E4%BA%A4%E6%B5%81%E4%BC%9A-12%E6%9C%8814%E6%97%A5%E9%96%8B%E5%82%AC%EF%BC%81

【申込期限・キャンセル期限】

2月6日(火)の正午までとさせて頂きます。

【ご注意】

ネットワークビジネス、宗教、各種団体・セミナー等の勧誘目的の参加はご遠慮願います。