相続税の基礎控除変更後の状況について


新年明けましておめでとうございます。

税理士安井伸夫事務所の青山でございます。

旧年中は何かとお世話になり、ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、今回は国税庁の公表した相続税の申告状況についてお知らせしたいと思います。

ご存知かとは思いますが、平成27年1月1日以降に相続により財産を取得した場合に適用される基礎控除額が引き下げられました。

以前は

5000万円+1000万円(法定相続人の数)

で計算されていた基礎控除額が以下のように変更されました。

現在は

3000万円+600万円(法定相続人の数)

平成26年以前は、人が亡くなった場合、相続税がかかる割合は大体3~5%と言われていたのですが、これが8~10%にあがるのではないかと思われていたのですが、その実態が公表されたことになります。

国税庁の公表資料より

平成26年 

被相続人数      1,273,004人 相続税申告件数      56,239件(4.4%)

(内、相続税額0の件数)  16,895件(1.3%)

平成27年 

被相続人数      1,290,444人 相続税申告件数      103,043件(8.0%)

(内、相続税額0の件数)   30,027件(2.3%)

申告件数として予想の下限の8%となっていますが、注目していただきたい点は、相続税の申告義務はあるのだが、相続税の支払いをしていない件数が30,027件あるということです。

財産が上記の基礎控除額を上回るとすぐに相続税を支払わないといけないというわけではなく、相続税には色々な特例があるので、その特例を使って相続税額が「0」になるケースもあるということです。

しかし、相続税の特例には  小規模宅地等の特例 配偶者の税額軽減等の特例 特定事業用資産の特例

といった様々な特例があるので、その方に見合った特例を使うことが出来ます。

しかし、この特例を使うためには被相続人の方が生前にその特例を使う為の準備をする必要もあります。

それはこれらの特例には様々な条件が規定されているため、その条件を満たさなければ相続税の特例を使えないケースもあるからです。

もし相続税の心配をなされているなら一度税理士に相談されては如何でしょうか?

もちろん、当事務所でも相続税の試算や相談も受け付けておりますので、何かございましたらご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■お願いとご注意  このメールマガジンは著作権法で保護されています。 許可無く複製及び転載をすることを禁止します。  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して  発行人はその責任を負いません。自己の責任にて対処ください。

#税金 #相続

最新記事

すべて表示

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊所は、下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 【年末年始休業期間】 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火) ※お問い合わせにつきましては、2022年1月5日(水)以降に順次対応させていただきます。 何かとご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

顧問先様ページに以下のPDFデータをUPしています! ★Q&A 全事業者が対象!改正電子帳簿保存法により必要となる対応とは? 来月から始まる制度です。今一度確認しましょう! ~顧問先様ページへの登録方法~ ※顧問先様以外の方が登録しても、承認されません。 顧問先様ページをクリックすると、ログイン画面が出てきます。 既存のFacebookもしくはGoogleアカウントでログインすることができます。

相続税対策としてポピュラーな生前贈与、現金や自社株を毎年少しずつ移している方もいらっしゃるかと思います。 この生前贈与で相続税対策ができなくなると巷で噂されていますが、一体どういうことでしょうか? 解説したいと思います! そもそも、なぜ生前贈与が相続税対策となるのでしょうか。例えば5,000万円財産をお持ちの方がいたとします。 相続人は子供2人のみ、毎年子供それぞれに110万円ずつ贈与する前提です