異業種交流会


皆さん、こんにちは!

税理士安井事務所の次原です。

9月15日(金)の異業種交流会無事に終わりました。

異業種交流会の様子をホームページにUPしました!

ご覧ください♪↓

https://www.yasuioffice.com/single-post/2017/08/21/%E7%AC%AC29%E5%9B%9E%E7%95%B0%E6%A5%AD%E7%A8%AE%E4%BA%A4%E6%B5%81%E4%BC%9A915%E9%96%8B%E5%82%AC%EF%BC%81

今回の第二部は2018年からの配偶者控除、育児休業・介護休業をメインに勉強いたしました。

ちょっと、難しかったですかね、、、、

特に育児・介護休業というのは、今後中小企業でも労働者が申出る可能性は、大いにありますし、経営者の方、労務担当の方は大まかでいいので、制度を把握しといたほうがいいかと思い、ちょっと難しい内容でしたが勉強題材として取り上げさせてもらいました。

また、来年も勉強題材として取り上げるつもりなので、その際は是非ご参加ください♪

さて、来月の異業種交流会の内容ですが、いつも通り、第1部は「一倉定に学ぶ経営学」。

第2部は「働き方改革」最終章!です。

ここだけは確認しておいて!という働き方改革のポイントをギュッと凝縮した内容となっています。

色々な事例もお見せしたいと思いますので、是非ご参加ください♪

今回の異業種交流会は10月26日(木)です。

今回は金曜日ではなく、木曜日です。

お間違いないように!

↓詳細はこちら! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第30回異業種交流勉強会のご案内

★日時  

 10月26日(木) 18時~

★場所   

 ハートピア京都

 京都市中京区烏丸通竹屋町角 地下鉄烏丸線 丸太町駅下車5番出口すぐ

★内容   

第1部 一倉定に学ぶ経営学「お客様の要求を満たす」     正しいサービスとは

第2部 「働き方改革」       最終章。働き方改革に対して、中小企業が行う今後の対策。

★参加費   

○勉強会のみにご参加の方は、以下の通りです。

  関与先様:2,000円      一般:3,000円

○勉強会+懇親会にご参加の方は以下の通りです。

  関与先様:6,000円     一般:7,000円

○参加費は、当日頂戴致します。

★お申し込み

 税理士安井伸夫事務所 青山まで   075-256-8628

こちらからも詳細確認、お申込み出来ます!↓ https://www.yasuioffice.com/single-post/2017/09/19/%E7%AC%AC30%E5%9B%9E%E7%95%B0%E6%A5%AD%E7%A8%AE%E4%BA%A4%E6%B5%81%E4%BC%9A1026%E9%96%8B%E5%82%AC%EF%BC%81

◎参加者の声 抜粋

・一倉先生の経営学を学んでとても勉強になりました。時間を忘れるほどおもしろかったです。

・「環境整備×経営計画=精神革命」について、しっかり考察したいです。

等々、参加者の皆様には大変ご好評頂いております。

★ご注意  

 ネットワークビジネス、宗教、各種団体・セミナー等の勧誘目的の参加はご遠慮願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■お願いとご注意 このメールマガジンは著作権法で保護されています。 許可無く複製及び転載をすることを禁止します。 また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して 発行人はその責任を負いません。自己の責任にて対処ください。

#お知らせ

最新記事

すべて表示

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊所は、下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 【年末年始休業期間】 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火) ※お問い合わせにつきましては、2022年1月5日(水)以降に順次対応させていただきます。 何かとご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

顧問先様ページに以下のPDFデータをUPしています! ★Q&A 全事業者が対象!改正電子帳簿保存法により必要となる対応とは? 来月から始まる制度です。今一度確認しましょう! ~顧問先様ページへの登録方法~ ※顧問先様以外の方が登録しても、承認されません。 顧問先様ページをクリックすると、ログイン画面が出てきます。 既存のFacebookもしくはGoogleアカウントでログインすることができます。

相続税対策としてポピュラーな生前贈与、現金や自社株を毎年少しずつ移している方もいらっしゃるかと思います。 この生前贈与で相続税対策ができなくなると巷で噂されていますが、一体どういうことでしょうか? 解説したいと思います! そもそも、なぜ生前贈与が相続税対策となるのでしょうか。例えば5,000万円財産をお持ちの方がいたとします。 相続人は子供2人のみ、毎年子供それぞれに110万円ずつ贈与する前提です