税務署の富裕層対策について


皆さん、こんにちは。

安井税理士事務所の青山です。

9月から異業種交流会の担当へとなりましたので、異業種交流会にお越しの際には、どうぞよろしくお願いいたします。

さて今回は、税務署の富裕層対策についてお知らせいたします。

誰しもいつかは亡くなってしまうわけですが、日本では人が無くなった際にも税金が掛かってしまいます。

いわゆる相続税ですね。

では、税務署はどこの誰が亡くなったら相続税が掛かると考えているのでしょうか?

亡くなった人全員が相続税の支払い対象にはならないのは、皆さまご存じかと思います。

税務署の発表では、平成27年に亡くなった人に対して8%の割合で相続税が掛かったとのこと。

では、税務署は人が亡くなってから相続税の調査をしているのかというと、そうではないのですね。

亡くなったら多額の相続税が掛かるであろう人を事前にピックアップして生前から個人の資産の動きを監視しているようです。

全国の国税局に今年7月10日「重点管理富裕層プロジェクトチーム」が設置され、富裕層を管理していくことが発表されたのです。

これまでは、東京・大阪・名古屋の国税局において管理していたものを全国の国税局に広げたのです。

しかし、このプロジェクトチームは全国でも230名前後とされていますので、よっぽどの資産家でなければこの管理対象にはならないのではないかと思います。

資産や収入がいくら以上あると管理対象になるのかの発表がありませんので、どういった方が管理対象なのかはわかりません。

しかし、課税逃れをしようという人を監視しようというのであれば、頑張って仕事をしてもらいたいと思います。

皆さんがもし税務署の富裕層対策をより詳しく知りたいということであれば、当事務所までお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■お願いとご注意 このメールマガジンは著作権法で保護されています。 許可無く複製及び転載をすることを禁止します。 また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して 発行人はその責任を負いません。自己の責任にて対処ください。

#相続 #贈与 #税金 #節税

最新記事

すべて表示

令和3年4月1日からの「消費税の総額表示義務」とは?

1.価格表示についての原則的な取扱い 消費税法では、事業者が、不特定かつ多数の人に商品の販売やサービスの提供などを行う場合において、あらかじめそれらの価格を表示するときは、その税抜販売価格等に上乗せされる消費税額を含めた価格を表示しなければならない (=税込価格で表示しなければならない)と定められています(※)。 このことを、消費税の「総額表示義務」といいます。 ※ 事業者間での取引(いわゆるBt

3月から公募開始!事業再構築補助金について

コロナ関連の新しい補助金が発表されました。その名も「事業再構築補助金!」 予算規模は約1.1兆円ですから、かなりの大型補助金のようです。その概要は… ● 主要申請要件 1 売上が減っている 申請前直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月と比較して 10%以上減少している。 2 事業再構築に取り組む 事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。 3

確定申告の期限が延長されました

先週の土曜日には、東北地方でまた大きな地震がありました。 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 大震災から10年ですが、災害は忘れたころにやって来るんですね。 さて、今年も2月16日から所得税の確定申告が始まります。 通常は、2月16日から3月15日までなんですが、 コロナの影響により、今年も申告・納付期限が4月15日まで延長されました。 これに伴い、振替納税を利用されている方の振