生前贈与対策の概要


皆さん、こんにちは。

税理士の安井です。

9月になり、すっかり季節が変わってしまいましたね~

朝晩は寒いくらいなので、体調には十分気をつけたいところですね。

さて、今日は生前贈与対策についてお伝えしたいと思います。 税制改正により、平成27年1月1日以後に発生した相続については、基礎控除額が大幅に引き下げられました。

改正前:基礎控除額=5000千万円+法定相続人数×1000万円

改正後:基礎控除額=3000千万円+法定相続人数× 600万円

この改正により今まで相続税とは無縁の方々も、身近な税目に変わってしましました。そのほかにも、相続税の最高税率の引上げもありましたので、いよいよ大増税時代の到来かとも思いましたが、一方では減税となったものも多いのです。

たとえば、

〇直系尊属からの贈与に係る特例税率の創設

〇住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税規定

〇教育資金の贈与を受けた場合の非課税規定

〇結婚・子育て資金の贈与を受けた場合の非課税規定

〇ジュニアNISA制度の創設

〇相続税の税額控除制度の拡充

〇小規模宅地の特例の拡充

〇相続時精算課税制度の拡充

〇事業承継税制の適用要件の緩和・簡素化

などです。

政策立案者にすれば、「相続税は増税するが、生前贈与を使ってうまく節税してね~~」と云わんばかりの改正項目です。

なので、「生前贈与対策」をしっかり実行する方が、なにかとベターではないかと思います。

皆さんも、一度じっくり考えてみましょう~!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■お願いとご注意 このメールマガジンは著作権法で保護されています。 許可無く複製及び転載をすることを禁止します。 また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して 発行人はその責任を負いません。自己の責任にて対処ください。

#相続 #贈与 #税金 #節税

最新記事

すべて表示

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊所は、下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 【年末年始休業期間】 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火) ※お問い合わせにつきましては、2022年1月5日(水)以降に順次対応させていただきます。 何かとご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

顧問先様ページに以下のPDFデータをUPしています! ★Q&A 全事業者が対象!改正電子帳簿保存法により必要となる対応とは? 来月から始まる制度です。今一度確認しましょう! ~顧問先様ページへの登録方法~ ※顧問先様以外の方が登録しても、承認されません。 顧問先様ページをクリックすると、ログイン画面が出てきます。 既存のFacebookもしくはGoogleアカウントでログインすることができます。

相続税対策としてポピュラーな生前贈与、現金や自社株を毎年少しずつ移している方もいらっしゃるかと思います。 この生前贈与で相続税対策ができなくなると巷で噂されていますが、一体どういうことでしょうか? 解説したいと思います! そもそも、なぜ生前贈与が相続税対策となるのでしょうか。例えば5,000万円財産をお持ちの方がいたとします。 相続人は子供2人のみ、毎年子供それぞれに110万円ずつ贈与する前提です