マイナンバー関連の情報です


皆さん、こんにちは。

税理士安井事務所の阿部です。

梅雨が明け、一気に暑さも増しましたね~。

ビールがおいしい季節でもあるのですが、ビール腹にならないよう飲む量も注意しなければなぁと思う今日このごろです。 

さて、今回もマイナンバー絡みの内容ですが、政府は7月18日、マイナンバー制度を活用し、国や自治体が行政手続きに必要な個人情報をやりとりする「情報連携」を試験的に開始しました。

情報連携を行うことで、児童手当や介護保険の申請手続きに提出する住民票の写しや課税証明書などの添付が不要となり手続きがスムーズになる!

・・・はずですが、実はこれらの提出する書類の添付が不要になるのは、情報連携の本格運用が開始されてからとのことです。

本格運用の開始はこの秋頃を予定しているので、現段階での申請手続きは従来通り書類を準備しなければなりません。

ご注意下さい。

ちなみに、どんな事務手続きが情報連携の対象になっているかというと、マイナンバーを用いて申請等を行う児童手当、保育所の入所、介護保険など、1800以上の事務手続が対象となっているそうです。

代表例はこちら!

http://www.cao.go.jp/bangouseido/pdf/jyouhourennkei.pdf

情報連携開始のタイミングはそれぞれの事務によって異なり、また、個別の事務手続の案内は各地方公共団体・行政機関のパンフレット、ホームページ等を要確認とのことです。

また、個人向けのサイト「マイナポータル」も同日に試行運用を開始しました。 マイナポータルとは、政府が運営するオンラインサービスで、子育てに関する行政手続きがワンストップでできたり、行政からのお知らせが自動的に届いたりします。

マイナポータルを利用するには、

マイナンバーカード ICカードリーダーライター(マイナンバーカードの情報を読み取る機器) が必要です。

本格運用は秋頃を予定しており、パソコンや一部のスマートフォンで子育て関係の電子申請が可能になる予定です。  

マイナポータルはこちら!

https://myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form

しかしながら、マイナンバーカードの全国普及率が2017.3月時点で8.4%ですので、本格運用後に利用者がいるのか?

利便性が伝わりマイナンバーカードの普及が進むのか?等々、しばらくは定着するまでに時間がかかりそうですね~。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■お願いとご注意 このメールマガジンは著作権法で保護されています。 許可無く複製及び転載をすることを禁止します。 また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して 発行人はその責任を負いません。自己の責任にて対処ください。

#マイナンバー

最新記事

すべて表示

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊所は、下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 【年末年始休業期間】 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火) ※お問い合わせにつきましては、2022年1月5日(水)以降に順次対応させていただきます。 何かとご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

顧問先様ページに以下のPDFデータをUPしています! ★Q&A 全事業者が対象!改正電子帳簿保存法により必要となる対応とは? 来月から始まる制度です。今一度確認しましょう! ~顧問先様ページへの登録方法~ ※顧問先様以外の方が登録しても、承認されません。 顧問先様ページをクリックすると、ログイン画面が出てきます。 既存のFacebookもしくはGoogleアカウントでログインすることができます。

相続税対策としてポピュラーな生前贈与、現金や自社株を毎年少しずつ移している方もいらっしゃるかと思います。 この生前贈与で相続税対策ができなくなると巷で噂されていますが、一体どういうことでしょうか? 解説したいと思います! そもそも、なぜ生前贈与が相続税対策となるのでしょうか。例えば5,000万円財産をお持ちの方がいたとします。 相続人は子供2人のみ、毎年子供それぞれに110万円ずつ贈与する前提です