個人事業主の節税方法


皆さん、こんにちは! 

税理士安井事務所、阿部です。

あっという間に3月になりましたね~。2月も寒い日が多かったですね~。

個人的に、12月から3月の間は必ずマスクを装着しています。

繁忙期でもあり、インフルエンザ等にかかって事務所を休んでしまうと仕事がどっさりたまってしまいますので予防対策ってわけです。

お陰様で、今の所病気にかからず、今年もなんとか乗り切っていけそうです。

さて、先日、大学時代の後輩から連絡があり、趣味でやっていたことを今年から本格的に仕事としてやっていきたいので、開業届を税務署に届出を出したいのですが・・・、また、個人事業主でも主人の(税法上の)扶養に入れますか~?という事でした。 

(注:個人事業主の方で、事業所得だけが発生する事を前提としております。)

上記の質問に対して、下記の通りコメントしました。

 1.開業届と一緒に青色申告承認申請書を出しましょう。  2.個人事業主でも、所得金額が38万円以下であればご主人の(税法上の)扶養に入れます。

青色申告承認申請書を提出しない場合、白色申告となります。青色申告には税務上様々なメリットがありますが、中でも大きなメリットは・・・

単式簿記で帳簿を作成する ⇒10万円の費用特典! 複式簿記で帳簿を作成する ⇒65万円の費用特典!!  があります。

実は、白色申告者も平成26年から、「帳簿への記帳」と「記録の保存」をすることが義務化されたんです。

青色申告者と同じ程度の手間が必要なのに白色のままではなんにも特典がつかないのはもったいないですよね。

ですので開業届と合わせて青色申告承認申請書の提出をお勧めしました。

所得金額とは、シンプルに言えば、「売上-費用=所得金額」です。

つまり、この所得金額が38万円以下であれば(税務上の)扶養に入れるわけなんですが・・・、

青色申告承認申請書を提出していれば、費用特典を差引いた残りの所得金額が38万円以下になるかどうかで判断することになります。

(イメージ)

単式簿記で帳簿を作成

売上-費用=所得金額-10万円 ⇒38万円以下か?

この場合、所得金額が48万円以下であれば(税務上の)扶養に入る。

複式簿記で帳簿を作成

売上-費用=所得金額-65万円 ⇒38万円以下か?

この場合、所得金額が103万円以下であれば(税務上の)扶養に入る。

どうです?どうせ帳簿をつけなければならないのなら、青色申告承認申請書を提出しておいたほうが得ですよね!

皆さんの知り合いの方でこれから個人事業主で開業される方や、まだ白色申告の方がいらっしゃったら是非青色申告を勧めてあげて下さいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■お願いとご注意  このメールマガジンは著作権法で保護されています。 許可無く複製及び転載をすることを禁止します。  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して  発行人はその責任を負いません。自己の責任にて対処ください。

#節税 #税金 #個人事業主

最新記事

すべて表示

令和3年4月1日からの「消費税の総額表示義務」とは?

1.価格表示についての原則的な取扱い 消費税法では、事業者が、不特定かつ多数の人に商品の販売やサービスの提供などを行う場合において、あらかじめそれらの価格を表示するときは、その税抜販売価格等に上乗せされる消費税額を含めた価格を表示しなければならない (=税込価格で表示しなければならない)と定められています(※)。 このことを、消費税の「総額表示義務」といいます。 ※ 事業者間での取引(いわゆるBt

3月から公募開始!事業再構築補助金について

コロナ関連の新しい補助金が発表されました。その名も「事業再構築補助金!」 予算規模は約1.1兆円ですから、かなりの大型補助金のようです。その概要は… ● 主要申請要件 1 売上が減っている 申請前直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月と比較して 10%以上減少している。 2 事業再構築に取り組む 事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。 3

確定申告の期限が延長されました

先週の土曜日には、東北地方でまた大きな地震がありました。 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 大震災から10年ですが、災害は忘れたころにやって来るんですね。 さて、今年も2月16日から所得税の確定申告が始まります。 通常は、2月16日から3月15日までなんですが、 コロナの影響により、今年も申告・納付期限が4月15日まで延長されました。 これに伴い、振替納税を利用されている方の振