国民年金・厚生年金


皆さん、こんにちは!

税理士安井事務所の次原です。

本日2月22日は ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2) ということで猫の日だそうです。

ちなみに犬の日は ワン(1)ワン(1)ワン(1) ということで11月1日だそうです。

はい、どうでもいい話でした笑 さて、先週は青山が税金のクレジット納付について配信しました。

実は国民年金もクレジット納付ができちゃうんですよね~

これ、意外と知られていないんですよ、、、 なぜだろう?

クレジット決済の手数料はかからないので納付書で払うより断然、いいですよね、、、

口座引落の場合は割引されますが、微々たるものですし、口座引落 の割引額とクレジットカードのポイントを比較するとクレジットで 払った方がいいかもしれませんね!

また、29年度4月より国民年金はまた値上げします。

28年度は月額16,260円でしたが、29年度は230円値上げをし、16,490円となります。

いつまで値上げするねん!と思いの方、安心してください。

今年で値上げ終了です!

平成16年4月に国民年金法が改正され、29年まで段階的に値上 げしていたのです。

国民年金は平成17年4月から280円ずつ値上げをしていきまし た。

(前年度の物価指数で保険料は増減するので一律280円では ありませんが、、、)

平成17年度国民年金が13,580円。

平成29年度国民年金は16,490円。

12年間で月額2,910円の値上げ。

年間34,920円負担が増えたということです。

厚生年金を支払っている人には関係ないと思ているそこのあなた!

もちろん厚生年金も上がっています。

厚生年金は平成16年10月から0.354%ずつ値上げをしてい き、平成29年9月の値上げで最後となります。

平成16年厚生年金が13.58%(労使折半)

平成29年厚生年金が18.30%(労使折半)

12年間で4.72%の値上げ。

厚生年金は従業員と会社で折半しますので、12年間で従業員と会 社ともに2.36%も負担が増えました。

これ以上値上げしないでくれ!というのが私の本音ですね。

人を雇え!雇ったら賃金上げろ!年金は値上げするね♪

国はそんなことを強いてきます。

雇う側からしたら、たまったものじゃないですよね、、、

また、個人的にも年金額が上がり負担額が増えるのも勘弁、、、 という感じです。

経営者の皆さん! 十分わかっていると思いますが、人を一人雇うだけでかなりの負担 がかかります。 雇う時に助成金を活用してみてはいかがでしょうか?

いろいろと助成金はありますが一番おすすめなのは 「キャリアアップ助成金」 有期雇用から正社員など、有期雇用の方を転換すれば貰える助成金 です。

当事務所で助成金代行しますと助成金金額の30%を頂きますが、 雇い入れ時の雇用契約書や就業規則などのフォローがついてきます。

また助成金申請にあたり、スケジュール管理が大変です。

そういった管理などもさせてもらいます。

皆さんも、一度検討してみてはいかがですか?

その他助成金相談も受け付けています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■お願いとご注意  このメールマガジンは著作権法で保護されています。 許可無く複製及び転載をすることを禁止します。  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して  発行人はその責任を負いません。自己の責任にて対処ください。

#年金 #助成金

最新記事

すべて表示

豆大福分析 第2弾

こんにちは! 今年初刊のメルマガです。 コロナが沈静化しない波乱の1年となりそうですが、楽しく「今」を過ごしましょう!! さて、豆大福分析からの第2弾です。 (問題) ある大衆ラーメン屋でのことです。 ラーメンを運ぶ途中で店員がこけてひっくり返ってしまいました。ラーメンが床に落ちて売り物にならないので、すぐに作り直し、お客さんに提供しました。 「ラーメン」1杯当たりの売価は100円、原価は30円、

豆大福分析

皆さん、こんにちは。税理士の安井です。 今年もあと10日あまり、大変氣忙しいですね。 今日は、随分前に読んだ本からクイズです。 (問題) ある老舗和菓子屋で、「豆大福」を製造販売しています。 この「豆大福」は大変人気があり、昼には売り切れてしまいます。 ある日、店員が「豆大福」を落としてしまい、売り物にならなくなったので、捨ててしまいました。さて、この店では、一体いくら損をしたのでしょうか? 「豆

ハンコなくす?!

こんにちは!安井事務所です。 だんだんと肌寒くなり、秋になってきましたね。 令和2年9月中旬、菅内閣が発足し、ハンコを無くすやら、なんとかいっていますね。 以下のような方向性が示されています。 ① 行政手続における書面規制・押印、対面規制の抜本的な見直し 全ての行政手続を対象として、書面・押印・対面の必要性を厳しく検証し、年内に省令・告示等の改正、年明けに一連の法改正を行う。 ② 民間における書面

税理士・社労士 安井伸夫事務所

〒604-0862 京都市中京区烏丸通竹屋町下ル少将井町230番地 トライグループ烏丸ビル2F

TEL: 075-256-8628

FAX: 075-212-6228