電子申告に必要になってくる「GビズID」

皆さんこんにちは!

安井事務所の次原です。


なんか急に冷え込みましたね。

私はおかげで風邪を久々にひきました(泣)

皆さんもご自愛ください!



さて、皆さん、GビズIDってご存知ですか?


経済産業省では法⼈版マイナンバーである法⼈番号を活⽤し、1つのID・パスワードで複数の⾏政サービスにアクセスできる「法⼈共通認証基盤(GビジネスID)」を提供しています。

略して「GビズID」と呼ばれています。



※「GビズID クイックマニュアル」より抜粋



まずは経産省関連の補助金申請などの手続きをGビズID化して今後はマイナポータルへの接続により政府全体への展開を進めていく予定になっています。



この「GビズID」には、デジタル行政推進法(旧・行政手続きオンライン化法)が関わっています。この法律の成立にともない、3つの方針が盛り込まれました。

①デジタルファースト

原則として行政手続きは電子申請で完結させる。


②ワンスオンリー

一度提出した情報は、二度提出することを不要とする。


③コネクテッド・ワンストップ

複数の行政手続きが1回の申請で同時に完結する。


これらの実現のためには必須となるIDが「GビズID」です。


また、内閣府が進めているマイナポータルでの申請や今後のe-Govでの手続きもこちらのIDにて行うことが明らかになっています。

ゆくゆくは、e-Tax(国税)、eLTAX(地方税)もこの「GビズID」で電子申請ということになっていくのでしょう。

今の段階ではe-Govが先行して、来年からこの「GビズID」で申請するように一部移行していっています。



PDF:首相官邸「企業が行う従業員の社会保険・税手続のオンライン・ワンストップ化等の推進に係る課題の最終整理(2019年(平成31年)4月18日)」より抜粋




「Gビズ ID」を用いた社会保険・雇用保険の電子申請の対象となる届書は、今の段階では以下のものになります。(令和2年4月よりサービス開始)


【社会保険】

・資格取得届

・資格喪失届

・算定基礎届

・月額変更届

・賞与支払届

・被扶養者(異動)届

・国民年金第3号被保険者関係届


【雇用保険 】

・資格取得届

・資格喪失届

・転勤届

・個人番号登録届


電子申請の際には、「届書作成プログラム」または自社システム、労務管理ソフトで申請データの作成を行うことになりますが「GビズID」に対応した「届書作成プログラム」は、 令和2年4月に日本年金機構のホームページに公開予定です。


PDF:厚労省案内「「電子申請のご案内」2019年10月」より抜粋





▼クラウドを用いた行政手続の全体像と企業保有情報の新しい提出方法に係るシステム構築計画のイメージ



PDF:首相官邸「企業が行う従業員の社会保険・税手続のオンライン・ワンストップ化等の推進に係る課題の最終整理(2019年(平成31年)4月18日)」より抜粋






すでに「GビズID」は取得可能です。↓

GビズID

https://gbiz-id.go.jp/top/index.html




「GビズID」は3つ種類があります。


※「GビズID クイックマニュアル」より抜粋