雇用調整助成金の収益計上時期が変わりました!



国税庁は2月26日、「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納

税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」を更新しました。それによると、雇用調整助

成金の収益計上時期の取扱いが変わったようです。



助成金の収益計上時期については、

 〇 経費補填目的の助成金であれば、元々の経費が発生したとき

 〇 支給決定があったとき

 〇 入金があったとき

など、収益の計上時期がいつなのか迷うところですね。



法人税基本通達によると、

支給決定日に収入すべき権利が確定するため、原則として、その助成金等の「交付決定日の属す

る事業年度」に収益計上することとしています。



ただし、その助成金等が、経費補填を目的に法令の規定等に基づき交付されるもので、あらかじめその交付を受けるために必要な手続きをしている場合には、「経費発生日の属する事業年度」に収益計上することとしていました。



雇用調整助成金は、この例外の方に該当し、支給決定日ではなく、休業のあった日の属する事業年度に収益計上することとされていました。これは、休業手当に対応する収入として、「費用収益対応の原則」という会計基準からいっても妥当な処理方法でしたが、


今回発表されたFAQで一転!!


一般措置(事前の計画届の提出が必要)… 経費発生日の属する事業年度に収益計上

特例措置(事前の計画届の提出が不要)… 交付決定日の属する事業年度に収益計上


ということが発表されました。


つまり、今般のコロナ禍における雇用調整助成金の申請には、そもそも休業等計画届の提出が不要となりましたので、昨年来からの雇用調整助成金はすべて「特例措置」に該当し、交付決定日の属する事業年度に収益計上することになりました。


あくまでもコロナ禍における特例措置なので、再度、計画届の提出が必要となれば、「一般措置」として取り扱うということのようです。



雇用調整助成金については特例につぐ特例で、助成金センターの職員ですら、情報についていけ

ない者が多く、現場は大パニックに陥っていました。

その反面、国税については、一本筋の通った解釈を貫いてきましたが、ここに来て解釈が揺れて

きましたね。


~お願いとご注意~


このメールマガジンは著作権法で保護されています。

許可無く複製及び転載をすることを禁止します。

また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して

発行人はその責任を負いません。

自己の責任にて対処ください。


最新記事

すべて表示

会報誌をUPしました

「会報誌vol.82」を発行しました。 会報誌vol.82よりデータ配信を行うと予告していましたが、関与先様には郵送させて頂きました。 会員ページにもPDFでUPしております。 是非ご覧ください! 今回より会員ページのログイン方法が変更となりました! 会員登録をしていただければ、誰でも入れます。 会員ページをクリックすると、ログイン画面が出てきます。 既存のFacebookもしくはGoogleアカ

令和3年4月1日からの「消費税の総額表示義務」とは?

1.価格表示についての原則的な取扱い 消費税法では、事業者が、不特定かつ多数の人に商品の販売やサービスの提供などを行う場合において、あらかじめそれらの価格を表示するときは、その税抜販売価格等に上乗せされる消費税額を含めた価格を表示しなければならない (=税込価格で表示しなければならない)と定められています(※)。 このことを、消費税の「総額表示義務」といいます。 ※ 事業者間での取引(いわゆるBt

3月から公募開始!事業再構築補助金について

コロナ関連の新しい補助金が発表されました。その名も「事業再構築補助金!」 予算規模は約1.1兆円ですから、かなりの大型補助金のようです。その概要は… ● 主要申請要件 1 売上が減っている 申請前直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月と比較して 10%以上減少している。 2 事業再構築に取り組む 事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。 3

税理士・社労士 安井伸夫事務所

〒604-0862 京都市中京区烏丸通竹屋町下ル少将井町230番地 トライグループ烏丸ビル2F

TEL: 075-256-8628

FAX: 075-212-6228