金融機関との取引について

最終更新: 1月10日






皆さんこんにちは!税理士安井事務所の阿部です。

新型コロナの影響により銀行融資を申込むことが多くなっていることと思います。



さて、皆さんがお付き合いしている金融機関(銀行)の支店長さんはどんな方でしょうか?


金融機関の支店長とは、支店内の最終決裁権限者です。支店長がハンコを押さなければ、支店決


裁融資は実行できませんし、本部にあげることもできません。


支店長が営業畑出身であれば、数字重視のために多少難しい融資に対しても前向きに取り組む方


が多いようですし、融資畑出身であれば逆に慎重になる方が多いようです。


金融機関の支店長の任期はおおよそ3年と言われています。お客様のところへよく訪問する支店


長もいれば、全く訪問しない支店長もいますので、支店長に会わなかった~、という方もいらっ


しゃるかもしれませんね。


しかしながら、支店長の方針によって融資の方針にも影響しますので注意が必要です。支店長に


就任後、半年ぐらい経過してから徐々に独自色を出してきますので、業況が変わっていなくても


今までできていたこと(例えば3ケ月ごとに転がしてきた手形貸付等)が突然打ち切りになる場


合もあります。もしも、一行取引しかしてない場合・・・、ゾッとしますよね。



そのようなリスクを回避するうえでも、必要なのは複数金融機関と取引することです。

皆さんも、連鎖倒産等のリスク回避のために得意先を増やし、特定の得意先に左右されないよう


に取組んでいるはずです。それと同じように、金融機関も複数行取引をしておくことも必要で


す。融資取引も複数行で行います。複数行取引をしておけば、一行が融資取引の継続が難しくな


った場合でも他行でそれを補うことができる可能性があります。



今後も新型コロナの影響で経済活動がストップする場合もあるかと思いますので、今のうちに資


金調達先を増やしておくことも検討しましょう。


~お願いとご注意~

このメールマガジンは著作権法で保護されています。

許可無く複製及び転載をすることを禁止します。

また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して

発行人はその責任を負いません。

自己の責任にて対処ください。



最新記事

すべて表示

豆大福分析 第2弾

こんにちは! 今年初刊のメルマガです。 コロナが沈静化しない波乱の1年となりそうですが、楽しく「今」を過ごしましょう!! さて、豆大福分析からの第2弾です。 (問題) ある大衆ラーメン屋でのことです。 ラーメンを運ぶ途中で店員がこけてひっくり返ってしまいました。ラーメンが床に落ちて売り物にならないので、すぐに作り直し、お客さんに提供しました。 「ラーメン」1杯当たりの売価は100円、原価は30円、

豆大福分析

皆さん、こんにちは。税理士の安井です。 今年もあと10日あまり、大変氣忙しいですね。 今日は、随分前に読んだ本からクイズです。 (問題) ある老舗和菓子屋で、「豆大福」を製造販売しています。 この「豆大福」は大変人気があり、昼には売り切れてしまいます。 ある日、店員が「豆大福」を落としてしまい、売り物にならなくなったので、捨ててしまいました。さて、この店では、一体いくら損をしたのでしょうか? 「豆

ハンコなくす?!

こんにちは!安井事務所です。 だんだんと肌寒くなり、秋になってきましたね。 令和2年9月中旬、菅内閣が発足し、ハンコを無くすやら、なんとかいっていますね。 以下のような方向性が示されています。 ① 行政手続における書面規制・押印、対面規制の抜本的な見直し 全ての行政手続を対象として、書面・押印・対面の必要性を厳しく検証し、年内に省令・告示等の改正、年明けに一連の法改正を行う。 ② 民間における書面

税理士・社労士 安井伸夫事務所

〒604-0862 京都市中京区烏丸通竹屋町下ル少将井町230番地 トライグループ烏丸ビル2F

TEL: 075-256-8628

FAX: 075-212-6228