豆大福分析 第3弾

さて、豆大福分析からの第3弾です。


(問題)

テレビで宣伝しているある大手ドーナツチェーン店でのことです。

店員がお客様に「ドーナツ」を渡す途中で1個落としてしまいましたので、代りの「ドーナツ」を渡しました。

「ドーナツ」1個当たりの売価は100円、原価は30円、利益は70円とすると、このドーナツ店はいくら損をしたのでしょうか?


(選択肢)

①売価分100円の損

②原価分30円の損

③利益分70円の損

④その他


さて、考えがまとまりましたか?

「ドーナツ」は第1弾の「豆大福」と同じく「作り置き商品」です。

「豆大福」との違いは、閉店前に来店したお客様の注文に応えられるよう、廃棄を前提に商品を作るため、常に在庫を抱えているのです。

なので、商品を落としても代わりの商品を渡せば売上は変わりません。

そして、1個落としたからといって、作り直すこともありません。

なので、利益への影響は0円で、正解は④のその他ということになります。


会計を学んだ人は、エー??と思われると思いますが、それが、経営の「損得」と会計「損益」の違いです。


今から思うと、ドーナツを落として、上司からこっ酷く怒られましたが、店には何の損もなかったんですね。今更ながら気が楽になりました。


最新記事

すべて表示

令和3年4月1日からの「消費税の総額表示義務」とは?

1.価格表示についての原則的な取扱い 消費税法では、事業者が、不特定かつ多数の人に商品の販売やサービスの提供などを行う場合において、あらかじめそれらの価格を表示するときは、その税抜販売価格等に上乗せされる消費税額を含めた価格を表示しなければならない (=税込価格で表示しなければならない)と定められています(※)。 このことを、消費税の「総額表示義務」といいます。 ※ 事業者間での取引(いわゆるBt

3月から公募開始!事業再構築補助金について

コロナ関連の新しい補助金が発表されました。その名も「事業再構築補助金!」 予算規模は約1.1兆円ですから、かなりの大型補助金のようです。その概要は… ● 主要申請要件 1 売上が減っている 申請前直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月と比較して 10%以上減少している。 2 事業再構築に取り組む 事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。 3

確定申告の期限が延長されました

先週の土曜日には、東北地方でまた大きな地震がありました。 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 大震災から10年ですが、災害は忘れたころにやって来るんですね。 さて、今年も2月16日から所得税の確定申告が始まります。 通常は、2月16日から3月15日までなんですが、 コロナの影響により、今年も申告・納付期限が4月15日まで延長されました。 これに伴い、振替納税を利用されている方の振

税理士・社労士 安井伸夫事務所

〒604-0862 京都市中京区烏丸通竹屋町下ル少将井町230番地 トライグループ烏丸ビル2F

TEL: 075-256-8628

FAX: 075-212-6228