豆大福分析 第2弾

更新日:2021年1月18日

こんにちは!

今年初刊のメルマガです。

コロナが沈静化しない波乱の1年となりそうですが、楽しく「今」を過ごしましょう!!


さて、豆大福分析からの第2弾です。


問題)

ある大衆ラーメン屋でのことです。

ラーメンを運ぶ途中で店員がこけてひっくり返ってしまいました。ラーメンが床に落ちて売り物にならないので、すぐに作り直し、お客さんに提供しました。

「ラーメン」1杯当たりの売価は100円、原価は30円、利益は70円とすると、このラーメン屋はいくら損をしたのでしょうか?


(選択肢)

① 売価分100円の損

② 原価分30円の損

③ 利益分70円の損

④ その他



さて、考えがまとまりましたか?

ラーメンは、注文のたびに作る商品で、「作り直せる」というところがミソですね。

落としてもすぐに作り直すので、お客様が注文をキャンセルして帰らない限り売上はかわりません。ただ、作り直すために追加の原価30円が新たに発生します。

なので、利益への影響は、▲30円です。


正解は、②原価分30円の損ということになります。


会計を学んだ人は、すぐに②の原価30円と答えると思います。それは正解ですので、たまには会計も役に立ちますね。



それでは皆様、本年もよろしくお願いいたします。


最新記事