申告書等閲覧サービス

更新日:2019年10月22日


皆さんこんにちは!

税理士安井事務所の阿部です。


今年も残り2ケ月となりましたね~。

毎年ながら、アッという間に時間が過ぎ去っている感じです。



本日は、申告書等閲覧サービスのお話です。



申告書等閲覧サービスとは、過去に税務署に提出した申告書等を閲覧できるサービスのことです。

過去にどのような申告をしたのか・届出を出したのかを確認したいけれど控えを紛失してしまったという時に、このサービスを利用して過去の申告書等が閲覧できるのです。

税理士が関与されている方は、その税理士が申告書等のコピー(もしくはデータ)を保管しているはずですが、個人もしくは法人単独で申告や届出を行っている場合には、このサービスを知っていると非常に便利です。


 


しかしながら、今までは「閲覧のみ」でコピーは禁止されていたので、申告等の知りたい内容を「書き写す」必要があり、非常に手間がかかっていました。


そのため、事務負担の削減観点から9月1日より、


1.デジタルカメラ・スマートフォン・タブレットなど、撮影した写真をその場で確認できる機器を使用すること


2.収受日付印のある書類等は、収受日付印・氏名・住所等を覆った状態で撮影すること


3.撮影した社員を署員に確認させ、対象書類以外が写り込んでいた場合には署員の指示に従い消去すること


4.撮影した写真は申告書等の内容確認以外で利用しないこと 


  

上記4つの事項に同意する場合、写真撮影が認められることになりました。

制約はあるものの、書き写す手間を考えると画期的に便利になりました!  

(※あくまで写真撮影のみで、動画撮影はコピーを取ることはできません。)



申告書等閲覧サービスについては無料です。



ちなみに申告書等の写しを税務署でもらうこともできます(保有個人情報開示請求書)が、有料かつ最低1ケ月程度時間がかかります。


 

手間ひまを考えると、今後は申告書等閲覧サービスを利用したほうが賢明ですね。



 

■第47回異業種交流勉強会のお知らせ  

★日時  

2019年10月18日(金)

18:00~20:00

★場所   

ハートピア京都  

京都市中京区烏丸通竹屋町角

地下鉄烏丸線 丸太町駅下車5番出口すぐ    

★内容   

第1部 財務体質改善のポイント

未来永劫潰れない会社にするにはどうしたらいいのか?

財務の視点から考えてみましょう

第2部 採用について

採用のときも労務トラブルが発生します。法律の面から採用についての注意点をおさえましょう!!

参加者限定資料等をデータでプレゼントします!!

★持ち物  

筆記用具、電卓  

★参加費  

関与先様:5,000円  

一般:7,000円

☆勉強会後(20時頃から)懇親会を開催致します!

ご参加される方はプラス5,000円となります。

※参加費は、当日頂戴致します。  

★お申込

税理士安井伸夫事務所 青山まで  

075-256-8628  

こちらからも詳細確認、お申込み出来ます!↓    

https://www.yasuioffice.com/igyosyukoryukai

★申込期限・キャンセル期限   

2019年10月15日(火)の17時までとさせて頂きます。

この日時以降にキャンセルされる場合は、キャンセル料を100%頂きます。

ご了承願います。

★ご注意    

ネットワークビジネス、宗教、各種団体・セミナー等の勧誘目的の参加はご遠慮願います。

 

■トップマネジメントセミナーのお知らせ

会計・数字の知識は、会社経営をするにあたって必要不可欠です。

ですので、 経営者・後継者・経営幹部は避けては通れない知識です。

このセミナーを受講することで、会社を成長・存続させるために必要な数字を読み解く知識が身に付きます!

▼開講セミナー

〇貸借対照表(全1回)

どれだけ多額の赤字を出しても、生き残っている会社はいくらでもあります。

答えは貸借対照表に書いてあります。

貸借対照表を読み解き、会社の財政状況 を把握し、「健全な会社=健全な貸借対照表」を目指しましょう!

<