新手の詐欺にご注意ください!

最終更新: 2020年7月9日

皆さんこんにちは、安井事務所の青山です。

緊急事態宣言が解除され、徐々に人が戻ってきた感じがしますね。

いつまでも自粛してもいられないですから、コロナが広がらないように注意しながら生活していかないといけませんね。

さて、今日は皆様への注意喚起です。

5月の土曜日の夕方であったのですが、家の電話が鳴りました。

妻も私も手が離せなかったのでおそらく実家からの電話だと思い、こどもに電話に出てもらったのですが、どうもこどもの様子がおかしな感じであったので、電話を替わると営業の電話でした。

屋根の修理業者からの電話で、「最新式のドローンを使って見えない屋根の状況を事細かに撮影するので、屋根の状況がよく分かり、人が屋根の上に行かなくても良いので、人件費も安く、修理代も安いですよ」といった内容でした。

事務所のお客様に工務店さんもおられるので、わざわざ知らない業者に工事を依頼する必要もありませんのでお断りしました。

すると次の日、妻のスマホに小学校のPTAの連絡網を使って警察から上記のドローンを使った屋根の修理業者の詐欺を注意するメールが回ってきました。

内容はうちに掛かってきた電話と全く同じようで、平成30年の地震や台風の後にも同様の詐欺が横行したようです。


皆様もご注意ください!


最新記事

すべて表示

豆大福分析 第2弾

こんにちは! 今年初刊のメルマガです。 コロナが沈静化しない波乱の1年となりそうですが、楽しく「今」を過ごしましょう!! さて、豆大福分析からの第2弾です。 (問題) ある大衆ラーメン屋でのことです。 ラーメンを運ぶ途中で店員がこけてひっくり返ってしまいました。ラーメンが床に落ちて売り物にならないので、すぐに作り直し、お客さんに提供しました。 「ラーメン」1杯当たりの売価は100円、原価は30円、

豆大福分析

皆さん、こんにちは。税理士の安井です。 今年もあと10日あまり、大変氣忙しいですね。 今日は、随分前に読んだ本からクイズです。 (問題) ある老舗和菓子屋で、「豆大福」を製造販売しています。 この「豆大福」は大変人気があり、昼には売り切れてしまいます。 ある日、店員が「豆大福」を落としてしまい、売り物にならなくなったので、捨ててしまいました。さて、この店では、一体いくら損をしたのでしょうか? 「豆

ハンコなくす?!

こんにちは!安井事務所です。 だんだんと肌寒くなり、秋になってきましたね。 令和2年9月中旬、菅内閣が発足し、ハンコを無くすやら、なんとかいっていますね。 以下のような方向性が示されています。 ① 行政手続における書面規制・押印、対面規制の抜本的な見直し 全ての行政手続を対象として、書面・押印・対面の必要性を厳しく検証し、年内に省令・告示等の改正、年明けに一連の法改正を行う。 ② 民間における書面

税理士・社労士 安井伸夫事務所

〒604-0862 京都市中京区烏丸通竹屋町下ル少将井町230番地 トライグループ烏丸ビル2F

TEL: 075-256-8628

FAX: 075-212-6228