固定資産税等の軽減措置について

最終更新: 1月10日


みなさん、こんにちは。


安井事務所の青山です。


またコロナ肺炎の感染者が増えてきましたね。


なかなか安心して外出が出来ないですよね。早く収束してほしいところです。



さて今回は来年のお話ですが、固定資産税等の軽減制度についてお知らせします。


先週の家賃給付金のお話や借入の場合などでも連続した3カ月の売上が一定程度減少した場合に


何らかの補助をするという制度が今年は非常に多いようですが、固定資産税等の軽減措置におい


ても連続した3カ月の売上高によって来年の固定資産税の軽減措置が設けられるようです。






対象者・軽減率

中小企業者である個人または法人で2020年2月~10月の任意の連続する3カ月間の期間の


事業収入が前年同月期と比べて減少している場合が減少している場合がその対象となります。

前年同期比 30%~50%未満の減少の場合  1/2の軽減

前年同期比 50%以上の減少の場合      全額免除


申請方法

中小企業者等(一定の要件に当てはまる個人及び法人)が税理士などの認定経営革新等支援機関


中小企業者であること

事業収入の減少

特例対象家屋の居住用・事業用割合について


確認を受けて、2021年1月末までに固定資産税を納付する市町村に申請することとなってい


ます。ちなみにその提出書類などはまだ決まっていません


軽減対象資産


・設備等の償却資産及び事業用家屋に対する固定資産税

・事業用家屋に対する都市計画税


家賃給付金やゼロ金利の借入などで3カ月間の売上高の減少などちょうど今その確認をされてい


る事業者の方が多いと思いますので、併せて固定資産税等の軽減のための確認も進めていただけ


ればと思います。



ただし、この固定資産税等の軽減措置の場合には認定経営革新等支援機関などの確認が必要とな


りますので、ご注意ください。


制度によって何月から何月までの一定期間の売上の減少という括りになっていますので、対象月


にもお気を付けください。


ちなみに弊所も認定経営革新等支援機関の認定を受けておりますので、固定資産税等の軽減申請


の確認の際にはお声かけ下さいませ。

~お願いとご注意~

このメールマガジンは著作権法で保護されています。

許可無く複製及び転載をすることを禁止します。

また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して発行人はその責任を負いません。

自己の責任にて対処ください。



最新記事

すべて表示

令和3年4月1日からの「消費税の総額表示義務」とは?

1.価格表示についての原則的な取扱い 消費税法では、事業者が、不特定かつ多数の人に商品の販売やサービスの提供などを行う場合において、あらかじめそれらの価格を表示するときは、その税抜販売価格等に上乗せされる消費税額を含めた価格を表示しなければならない (=税込価格で表示しなければならない)と定められています(※)。 このことを、消費税の「総額表示義務」といいます。 ※ 事業者間での取引(いわゆるBt

3月から公募開始!事業再構築補助金について

コロナ関連の新しい補助金が発表されました。その名も「事業再構築補助金!」 予算規模は約1.1兆円ですから、かなりの大型補助金のようです。その概要は… ● 主要申請要件 1 売上が減っている 申請前直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月と比較して 10%以上減少している。 2 事業再構築に取り組む 事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。 3

確定申告の期限が延長されました

先週の土曜日には、東北地方でまた大きな地震がありました。 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 大震災から10年ですが、災害は忘れたころにやって来るんですね。 さて、今年も2月16日から所得税の確定申告が始まります。 通常は、2月16日から3月15日までなんですが、 コロナの影響により、今年も申告・納付期限が4月15日まで延長されました。 これに伴い、振替納税を利用されている方の振