京都府の新型コロナウイルス感染症対策   中小企業者等支援補助金について

最終更新: 1月10日




みなさん、こんにちは。


安井事務所の青山です。



Go to キャンペーンが始まり、コロナが非常に広まり、嫌な4連休明けとなりましたね。

政府は、Go to キャンペーンを始めながら、企業には7割の在宅勤務を求めるという矛盾


しているような行動をとっているような気がしますが、コロナの後遺症もきついという話


も出ておりますし、とりあえず感染しないように氣を付けていかないといけませんよね。



さて、今日は京都府の新型コロナウイルス感染症対策 中小企業者等支援補助金についてです。


京都府以外の方も同じような補助金があると思いますので、ご確認ください。


補助対象者は

(1)中小企業者


(2)小規模事業者・個人事業者

(3)商工団体等


(4)病院(常時使用する従業員数300人以下)


(5)NPO

となっており、受付期間は6月16日から9月15日となっております。


補助対象は、


令和2年4月1日から8月31日までの間に

感染拡大予防ガイドラインの趣旨に沿った事業を行う場合


業務改善・売上向上につながる事業を行う場合

に一定の補助金が支給されることになります。


① 感染拡大予防ガイドラインの趣旨に沿った事業とは


 アクリル板やビニールカーテンの設置費用や「新しい生活様式」への対応に向けた社員研修に


要する経費・検温器・マスクや消毒スプレーなど、衛星用備品、消耗品の購入等です。


② 業務改善・売上向上につながる取組とは


 在宅勤務や出張を削減するための設備・ソフトウェアの導入経費や宅配やテイクアウトの導入


に要する経費などが該当します。


詳しい情報は下記のサイトをご覧ください。


https://www.pref.kyoto.jp/shogyo/news/saisyupatu.html#bosyuyoukou


事業を経営されている皆様であれば、何らかの対応をされていると思いますので、貰える補助金


は貰えるように情報収集をしていただければと思います。




では、皆様感染に氣を付けてお仕事頑張ってください!




~お願いとご注意~

このメールマガジンは著作権法で保護されています。

許可無く複製及び転載をすることを禁止します。

また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して発行人はその責任を負いません。

自己の責任にて対処ください。



最新記事

すべて表示

令和3年4月1日からの「消費税の総額表示義務」とは?

1.価格表示についての原則的な取扱い 消費税法では、事業者が、不特定かつ多数の人に商品の販売やサービスの提供などを行う場合において、あらかじめそれらの価格を表示するときは、その税抜販売価格等に上乗せされる消費税額を含めた価格を表示しなければならない (=税込価格で表示しなければならない)と定められています(※)。 このことを、消費税の「総額表示義務」といいます。 ※ 事業者間での取引(いわゆるBt

3月から公募開始!事業再構築補助金について

コロナ関連の新しい補助金が発表されました。その名も「事業再構築補助金!」 予算規模は約1.1兆円ですから、かなりの大型補助金のようです。その概要は… ● 主要申請要件 1 売上が減っている 申請前直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月と比較して 10%以上減少している。 2 事業再構築に取り組む 事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。 3

確定申告の期限が延長されました

先週の土曜日には、東北地方でまた大きな地震がありました。 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 大震災から10年ですが、災害は忘れたころにやって来るんですね。 さて、今年も2月16日から所得税の確定申告が始まります。 通常は、2月16日から3月15日までなんですが、 コロナの影響により、今年も申告・納付期限が4月15日まで延長されました。 これに伴い、振替納税を利用されている方の振