京都府の新型コロナウイルス感染症対策   中小企業者等支援補助金について

更新日:2021年1月10日




みなさん、こんにちは。


安井事務所の青山です。



Go to キャンペーンが始まり、コロナが非常に広まり、嫌な4連休明けとなりましたね。

政府は、Go to キャンペーンを始めながら、企業には7割の在宅勤務を求めるという矛盾


しているような行動をとっているような気がしますが、コロナの後遺症もきついという話


も出ておりますし、とりあえず感染しないように氣を付けていかないといけませんよね。



さて、今日は京都府の新型コロナウイルス感染症対策 中小企業者等支援補助金についてです。


京都府以外の方も同じような補助金があると思いますので、ご確認ください。


補助対象者は

(1)中小企業者


(2)小規模事業者・個人事業者

(3)商工団体等


(4)病院(常時使用する従業員数300人以下)


(5)NPO

となっており、受付期間は6月16日から9月15日となっております。


補助対象は、


令和2年4月1日から8月31日までの間に

感染拡大予防ガイドラインの趣旨に沿った事業を行う場合


業務改善・売上向上につながる事業を行う場合

に一定の補助金が支給されることになります。


① 感染拡大予防ガイドラインの趣旨に沿った事業とは


 アクリル板やビニールカーテンの設置費用や「新しい生活様式」への対応に向けた社員研修に


要する経費・検温器・マスクや消毒スプレーなど、衛星用備品、消耗品の購入等です。


② 業務改善・売上向上につながる取組とは


 在宅勤務や出張を削減するための設備・ソフトウェアの導入経費や宅配やテイクアウトの導入


に要する経費などが該当します。


詳しい情報は下記のサイトをご覧ください。


https://www.pref.kyoto.jp/shogyo/news/saisyupatu.html#bosyuyoukou


事業を経営されている皆様であれば、何らかの対応をされていると思いますので、貰える補助金


は貰えるように情報収集をしていただければと思います。




では、皆様感染に氣を付けてお仕事頑張ってください!




 

~お願いとご注意~

このメールマガジンは著作権法で保護されています。

許可無く複製及び転載をすることを禁止します。

また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害等に対して発行人はその責任を負いません。

自己の責任にて対処ください。

 


最新記事

すべて表示

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊所は、下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 【年末年始休業期間】 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火) ※お問い合わせにつきましては、2022年1月5日(水)以降に順次対応させていただきます。 何かとご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

顧問先様ページに以下のPDFデータをUPしています! ★Q&A 全事業者が対象!改正電子帳簿保存法により必要となる対応とは? 来月から始まる制度です。今一度確認しましょう! ~顧問先様ページへの登録方法~ ※顧問先様以外の方が登録しても、承認されません。 顧問先様ページをクリックすると、ログイン画面が出てきます。 既存のFacebookもしくはGoogleアカウントでログインすることができます。

相続税対策としてポピュラーな生前贈与、現金や自社株を毎年少しずつ移している方もいらっしゃるかと思います。 この生前贈与で相続税対策ができなくなると巷で噂されていますが、一体どういうことでしょうか? 解説したいと思います! そもそも、なぜ生前贈与が相続税対策となるのでしょうか。例えば5,000万円財産をお持ちの方がいたとします。 相続人は子供2人のみ、毎年子供それぞれに110万円ずつ贈与する前提です