インボイス制度

皆さんこんにちは!

税理士安井事務所の阿部です。



10月も終わりを迎え11月にさしかかろうとしていますが、日中はまだまだ暑さを感じますね(私だけでしょうか?)。

最近は、「暑い」か「寒い」かのどちらかしか無いような気がします。

春や秋の「過ごしやすい季節」はいったいどこへ行ってしまったのでしょうか?

 


さて、10月1日より消費税が8%から10%へ増税となり、まもなく1ヶ月が過ぎようとしています。

この増税に合わせてもう一つの法律が4年後に始動します。

それは、2023年10月から始まる「インボイス制度」です。



インボイス制度の正式名称は、「適格請求書等保存方式」。

適格請求書等の保存を仕入税額控除の要件とする制度です。



そして、この適格請求書等を発行できるのは、消費税課税事業者に限定されています。(消費税課税事業者とは、原則2年前の課税売上高が1000万円超の個人事業者及び法人。)



すなわち、消費税免税事業者は適格請求書等を発行できません。(消費税免税事業者とは、原則2年前の課税売上高が1000万円以下の個人事業者及び法人。)

よって、免税事業者から請求書を受け取った取引側では仕入税額控除ができず(段階的に仕入税額控除の金額が減額する予定です。)、消費税の納税額が増えることになります。



そうなると、取引側ではあえて免税事業者に仕事を回すようなことをせず、他の課税事業者に仕事を出すようになるかもしれません。



今は、課税事業者か免税事業者かについては外見的に分かりません。

これが、2021年10月より「適格請求書発行事業者登録制度」が始まり、登録番号が付される予定です。その後ネットを通じて「適格請求書発行事業者の氏名又は名称や本店所在地等」が誰でも分かるようになります。よって、今後はBtoBの世界では、消費税免税事業者の方は取引から排除される可能性があります。



 

消費税免税事業者の方は上記の事を踏まえて、


〇消費税課税事業者選択届出書を税務署に提出して消費税課税事業者になる(消費税の納税は発生します) 


〇免税事業者同士でネットワークを構築し、活動する


○ターゲット顧客を事業者(個人事業者・法人)から個人顧客へ変更する



等々、検討する必要がでてきます。



最新記事

すべて表示

会報誌をUPしました

「会報誌vol.82」を発行しました。 会報誌vol.82よりデータ配信を行うと予告していましたが、関与先様には郵送させて頂きました。 会員ページにもPDFでUPしております。 是非ご覧ください! 今回より会員ページのログイン方法が変更となりました! 会員登録をしていただければ、誰でも入れます。 会員ページをクリックすると、ログイン画面が出てきます。 既存のFacebookもしくはGoogleアカ

雇用調整助成金の収益計上時期が変わりました!

国税庁は2月26日、「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納 税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」を更新しました。それによると、雇用調整助 成金の収益計上時期の取扱いが変わったようです。 助成金の収益計上時期については、 〇 経費補填目的の助成金であれば、元々の経費が発生したとき 〇 支給決定があったとき 〇 入金があったとき など、収益の計上時期がいつなのか迷うと

令和3年4月1日からの「消費税の総額表示義務」とは?

1.価格表示についての原則的な取扱い 消費税法では、事業者が、不特定かつ多数の人に商品の販売やサービスの提供などを行う場合において、あらかじめそれらの価格を表示するときは、その税抜販売価格等に上乗せされる消費税額を含めた価格を表示しなければならない (=税込価格で表示しなければならない)と定められています(※)。 このことを、消費税の「総額表示義務」といいます。 ※ 事業者間での取引(いわゆるBt