インボイス制度

皆さんこんにちは!

税理士安井事務所の阿部です。



10月も終わりを迎え11月にさしかかろうとしていますが、日中はまだまだ暑さを感じますね(私だけでしょうか?)。

最近は、「暑い」か「寒い」かのどちらかしか無いような気がします。

春や秋の「過ごしやすい季節」はいったいどこへ行ってしまったのでしょうか?

 


さて、10月1日より消費税が8%から10%へ増税となり、まもなく1ヶ月が過ぎようとしています。

この増税に合わせてもう一つの法律が4年後に始動します。

それは、2023年10月から始まる「インボイス制度」です。



インボイス制度の正式名称は、「適格請求書等保存方式」。

適格請求書等の保存を仕入税額控除の要件とする制度です。



そして、この適格請求書等を発行できるのは、消費税課税事業者に限定されています。(消費税課税事業者とは、原則2年前の課税売上高が1000万円超の個人事業者及び法人。)



すなわち、消費税免税事業者は適格請求書等を発行できません。(消費税免税事業者とは、原則2年前の課税売上高が1000万円以下の個人事業者及び法人。)

よって、免税事業者から請求書を受け取った取引側では仕入税額控除ができず(段階的に仕入税額控除の金額が減額する予定です。)、消費税の納税額が増えることになります。



そうなると、取引側ではあえて免税事業者に仕事を回すようなことをせず、他の課税事業者に仕事を出すようになるかもしれません。



今は、課税事業者か免税事業者かについては外見的に分かりません。

これが、2021年10月より「適格請求書発行事業者登録制度」が始まり、登録番号が付される予定です。その後ネットを通じて「適格請求書発行事業者の氏名又は名称や本店所在地等」が誰でも分かるようになります。よって、今後はBtoBの世界では、消費税免税事業者の方は取引から排除される可能性があります。



 

消費税免税事業者の方は上記の事を踏まえて、


〇消費税課税事業者選択届出書を税務署に提出して消費税課税事業者になる(消費税の納税は発生します) 


〇免税事業者同士でネットワークを構築し、活動する


○ターゲット顧客を事業者(個人事業者・法人)から個人顧客へ変更する



等々、検討する必要がでてきます。



最新記事

すべて表示

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊所は、下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 【年末年始休業期間】 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火) ※お問い合わせにつきましては、2022年1月5日(水)以降に順次対応させていただきます。 何かとご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

顧問先様ページに以下のPDFデータをUPしています! ★Q&A 全事業者が対象!改正電子帳簿保存法により必要となる対応とは? 来月から始まる制度です。今一度確認しましょう! ~顧問先様ページへの登録方法~ ※顧問先様以外の方が登録しても、承認されません。 顧問先様ページをクリックすると、ログイン画面が出てきます。 既存のFacebookもしくはGoogleアカウントでログインすることができます。

相続税対策としてポピュラーな生前贈与、現金や自社株を毎年少しずつ移している方もいらっしゃるかと思います。 この生前贈与で相続税対策ができなくなると巷で噂されていますが、一体どういうことでしょうか? 解説したいと思います! そもそも、なぜ生前贈与が相続税対策となるのでしょうか。例えば5,000万円財産をお持ちの方がいたとします。 相続人は子供2人のみ、毎年子供それぞれに110万円ずつ贈与する前提です