【コロナ関連】緊急経済対策における税制上の措置について

皆さんこんにちは!

税理士安井事務所の阿部です。 今月末まで緊急事態宣言が延長され、もうしばらく辛抱の時期が続きますね。 そんな中、先月の4月30日に

「新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律」 「地方税法等の一部を改正する法律」 が成立・同日施行されました。 (国税)

○納税の猶予制度の特例 ○欠損金の繰戻しによる還付の特例 ○テレワーク等のための中小企業の設備投資税制 ○文化芸術・スポーツイベントを中止等した主催者に対する払戻請求権を放棄した観客等への寄附金控除の適用 ○住宅ローン控除の適用要件の弾力化 ○消費税の課税選択の変更に係る特例 ○特別貸付けに係る契約書の印紙税の非課税  詳しくはこちらから!  ⇒ https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/keizaitaisaku/index.htm (地方税) ○徴収の猶予制度の特例 ○中小事業者等が所有する償却資産及び事業用家屋に係る固定資産税等の軽減措置 ○生産性革命の実現に向けた固定資産税の特例措置の拡充・延長 ○自動車税・軽自動車税環境性能割の臨時的軽減の延長 ○住宅ローン控除の適用要件の弾力化に係る対応 ○耐震改修した住宅に係る不動産取得税の特例措置の適用要件の弾力化   ○イベントを中止等した主催者に対する払戻請求権を放棄した者への寄附金控除の適用に係る対応  詳しくはこちらから!  ⇒ https://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu02_000399.html  適用できるものがあれば、是非検討して下さい!  社会保険料の納付等についても、 ○厚生年金保険料等の納付猶予の特例 ○労働保険料等の納付猶予の特例 が設けられています! 詳しくはこちらから!  ⇒ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10925.html

最新記事

すべて表示

令和3年4月1日からの「消費税の総額表示義務」とは?

1.価格表示についての原則的な取扱い 消費税法では、事業者が、不特定かつ多数の人に商品の販売やサービスの提供などを行う場合において、あらかじめそれらの価格を表示するときは、その税抜販売価格等に上乗せされる消費税額を含めた価格を表示しなければならない (=税込価格で表示しなければならない)と定められています(※)。 このことを、消費税の「総額表示義務」といいます。 ※ 事業者間での取引(いわゆるBt

3月から公募開始!事業再構築補助金について

コロナ関連の新しい補助金が発表されました。その名も「事業再構築補助金!」 予算規模は約1.1兆円ですから、かなりの大型補助金のようです。その概要は… ● 主要申請要件 1 売上が減っている 申請前直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月と比較して 10%以上減少している。 2 事業再構築に取り組む 事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。 3

確定申告の期限が延長されました

先週の土曜日には、東北地方でまた大きな地震がありました。 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 大震災から10年ですが、災害は忘れたころにやって来るんですね。 さて、今年も2月16日から所得税の確定申告が始まります。 通常は、2月16日から3月15日までなんですが、 コロナの影響により、今年も申告・納付期限が4月15日まで延長されました。 これに伴い、振替納税を利用されている方の振