【コロナ関連】緊急経済対策における税制上の措置について

皆さんこんにちは!

税理士安井事務所の阿部です。 今月末まで緊急事態宣言が延長され、もうしばらく辛抱の時期が続きますね。 そんな中、先月の4月30日に

「新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律」 「地方税法等の一部を改正する法律」 が成立・同日施行されました。 (国税)

○納税の猶予制度の特例 ○欠損金の繰戻しによる還付の特例 ○テレワーク等のための中小企業の設備投資税制 ○文化芸術・スポーツイベントを中止等した主催者に対する払戻請求権を放棄した観客等への寄附金控除の適用 ○住宅ローン控除の適用要件の弾力化 ○消費税の課税選択の変更に係る特例 ○特別貸付けに係る契約書の印紙税の非課税  詳しくはこちらから!  ⇒ https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/keizaitaisaku/index.htm (地方税) ○徴収の猶予制度の特例 ○中小事業者等が所有する償却資産及び事業用家屋に係る固定資産税等の軽減措置 ○生産性革命の実現に向けた固定資産税の特例措置の拡充・延長 ○自動車税・軽自動車税環境性能割の臨時的軽減の延長 ○住宅ローン控除の適用要件の弾力化に係る対応 ○耐震改修した住宅に係る不動産取得税の特例措置の適用要件の弾力化   ○イベントを中止等した主催者に対する払戻請求権を放棄した者への寄附金控除の適用に係る対応  詳しくはこちらから!  ⇒ https://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu02_000399.html  適用できるものがあれば、是非検討して下さい!  社会保険料の納付等についても、 ○厚生年金保険料等の納付猶予の特例 ○労働保険料等の納付猶予の特例 が設けられています! 詳しくはこちらから!  ⇒ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10925.html

最新記事

すべて表示

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊所は、下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 【年末年始休業期間】 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火) ※お問い合わせにつきましては、2022年1月5日(水)以降に順次対応させていただきます。 何かとご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

顧問先様ページに以下のPDFデータをUPしています! ★Q&A 全事業者が対象!改正電子帳簿保存法により必要となる対応とは? 来月から始まる制度です。今一度確認しましょう! ~顧問先様ページへの登録方法~ ※顧問先様以外の方が登録しても、承認されません。 顧問先様ページをクリックすると、ログイン画面が出てきます。 既存のFacebookもしくはGoogleアカウントでログインすることができます。

相続税対策としてポピュラーな生前贈与、現金や自社株を毎年少しずつ移している方もいらっしゃるかと思います。 この生前贈与で相続税対策ができなくなると巷で噂されていますが、一体どういうことでしょうか? 解説したいと思います! そもそも、なぜ生前贈与が相続税対策となるのでしょうか。例えば5,000万円財産をお持ちの方がいたとします。 相続人は子供2人のみ、毎年子供それぞれに110万円ずつ贈与する前提です