【コロナ関連】給付金・貸付・納税期限

最終更新: 6日前

皆さん、こんにちは! 税理士の安井です。

コロナ大変ですね。

二転三転というか右往左往した政府のコロナ対策支援ですが、だいぶ固まってきたようです。ゴールデンウィーク前には、「持続化給付金」の様式も発表される予定ですし、ゴールデンウィーク後には民間金融機関でもゼロ金利融資が商品化されるところもあるようです。

そこで、今回は、持続化給付金・公庫融資・国税関係・小規模企業共済の最新情報をピックアップします。

※ 経済産業省「持続化給付金」の動画

https://youtu.be/r2h035U4lcI

※ 日本政策金融公庫 の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の動画

https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/movie_guide.html

※ 国税関係 法人税・消費税等の期限延長手続に関するFAQ

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/pdf/0020004-044.pdf

※ 国税関係 国税局猶予相談センターのご案内

https://www.nta.go.jp/taxes/nozei/nofu_konnan/callcenter/index.htm

※ 小規模企業共済の特例措置

https://www.smrj.go.jp/kyosai/info/disaster_relief_r2covid19_s.html

コロナ関連については、日々情報がアップされます。最新の情報を見るようにしてくださいね。

最新記事

すべて表示

豆大福分析 第2弾

新年明けましておめでとうございます。 お健やかな新年を迎えられたことと思います。 コロナが沈静化しない波乱の1年となりそうですが、楽しく「今」を過ごしましょう!! さて、豆大福分析からの第2弾です。 (問題) ある大衆ラーメン屋でのことです。 ラーメンを運ぶ途中で店員がこけてひっくり返ってしまいました。ラーメンが床に落ちて売り物にならないので、すぐに作り直し、お客さんに提供しました。 「ラーメン」

豆大福分析

皆さん、こんにちは。税理士の安井です。 今年もあと10日あまり、大変氣忙しいですね。 今日は、随分前に読んだ本からクイズです。 (問題) ある老舗和菓子屋で、「豆大福」を製造販売しています。 この「豆大福」は大変人気があり、昼には売り切れてしまいます。 ある日、店員が「豆大福」を落としてしまい、売り物にならなくなったので、捨ててしまいました。さて、この店では、一体いくら損をしたのでしょうか? 「豆

ハンコなくす?!

こんにちは!安井事務所です。 だんだんと肌寒くなり、秋になってきましたね。 令和2年9月中旬、菅内閣が発足し、ハンコを無くすやら、なんとかいっていますね。 以下のような方向性が示されています。 ① 行政手続における書面規制・押印、対面規制の抜本的な見直し 全ての行政手続を対象として、書面・押印・対面の必要性を厳しく検証し、年内に省令・告示等の改正、年明けに一連の法改正を行う。 ② 民間における書面

税理士・社労士 安井伸夫事務所

〒604-0862 京都市中京区烏丸通竹屋町下ル少将井町230番地 トライグループ烏丸ビル2F

TEL: 075-256-8628

FAX: 075-212-6228